特長|新型出生前診断(NIPT) の「Serenity」 | Serenity

新型出生前診断(NIPT) 「Serenity」の特長

Serenityだけの5つの特長

国内唯一!全染色体(1~22番染色体+性染色体)の検査が可能
万が一陽性の場合は、無料で羊水検査を提供

現在国内で全染色体の検査を行える検査機関はありません。
これまでは3つの染色体のみしか検査ができませんでしたが、当院の【Serenity24】では、1~22番の染色体と性染色体のすべての染色体の検査が可能となります。
欧米ではすでに1年以上前からシーケノム社等の検査機関より全染色体検査は提供されておりましたが、日本での提供は当院が初めての提供となります。
検査機関でも全染色体検査については数千件を超える実績があります。
また、万が一陽性の結果が出た場合には、羊水検査を【無料】にて受けて頂くことが可能です。

年間検査実績4万件を超える大手医療企業の検査機関
出生前診断先進国イギリスが認定したNIPT

検査を実施するイギリスのCooper Genomics社は年間検査数が4万件を超える実績を持っています。
またCooper Genomics社は、米国の上場企業であり世界中で事業を展開する医療分野関連の大手企業クーパー・カンパニーズ(The Cooper Companies, Inc.)グループに所属しており信頼性も世界レベルの検査機関です。
イギリスでは2004年以降は全妊婦が出生前検査を受けるように求められています。出生前診断は、アメリカでは60%、日本では2%程度の実施率でありその普及率は圧倒的に異なります。このような出生前診断先進国イギリスでラボとして正式な認可を受け採用されている新型出生前診断が、Serenityです。

日本で初めて年齢制限のないNIPT検査を提供した医療機関
日本国内でも最大の検査実績

当院は、日本で初めて年齢制限のないNIPT検査の提供を開始した医療機関です。
その為、日本国内の医療機関としては最大の検査実績を持っています。

出生前診断40年以上の経験を持つ産婦人科専門医が担当
万が一の際の羊水検査も可能

検査を担当する院長は、国際出生前診断学会「(International Society for Prenatal Diagnosis: ISPD)の会員であり、産婦人科医師として40年以上の経験を持つ奥野幸彦が務めています。NT超音波検査、母体血清マーカーテスト、羊水検査等の出生前診断についても豊富な実績を持っています。
また万が一陽性だった場合は、当院(※)にて羊水検査を実施することも可能です。
(※大阪:奥野病院にて)

院長自らが、英国検査機関へ定期的に訪問し会議を実施
検査精度の確認を随時行い、情報交換と技術連携の強化を継続

検査を担当する奥野院長が、半年に1回程度のペースで、イギリスの検査機関へ訪問し、定期的に会議を行っています。
現地では、ラボの責任者と直接検査精度の確認を行い、情報交換の上よりよい検査を提供できるように技術連携を行っています。
視察も定期的な会議も行なったこともない海外のラボに、患者様の大切な血液を送り、検査を依頼する事は医療従事者として無責任だと考えているからです。
当院では、海外の検査機関についても必ず責任ある体制が確認を行い、信頼性の向上に努めております。

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。
お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください