羊水検査とは?出産前に知っておこう | Serenity

羊水検査とは?出産前に知っておこう

赤ちゃんの染色体は正常かどうか、ほとんどの妊婦さんが気になるのではないでしょうか。羊水検査とは、赤ちゃんの染色体異常や遺伝子異常を調べられる出生前診断方法です。
とはいえ、出生前診断を受けたいと思っても、どのようなものかさっぱり分からないという方もいらっしゃるかと思います。ここでは羊水検査とは何なのか、受けられる時期、リスク、費用など、いくつかの項目に分けてわかりやすくご説明していきます。

 

羊水検査とは?何が分かる?

羊水検査とは、その名の通りお母さんの羊水を採取して胎児の染色体異常を調べる検査です。

 

方法としては、お母さんの子宮内にある羊水を採取するためにお腹に針を刺し、採取した羊水に含まれている胎児の染色体を分析・検査することで、胎児の染色体異常・遺伝子異常があるかどうかを検査できます。

 

羊水検査の検査精度はほぼ100%に近いのが特徴で、その検査精度の高さから出生前診断を確定させるための確定診断としても受けられています。ただし羊水検査では、胎児における染色体異常のすべてを診断することはできませんので注意が必要です。

羊水検査で分かる染色体異常とは

それでは、羊水検査で診断が可能な染色体異常とは何があるのでしょうか。一つずつ解説していきます。

21トリソミー

これはダウン症を指しており、1から22まである染色体のうち、21番目の染色体が1本多く、一般的には2本のところが3本になっている状態です。出生後、成長するにつれて発育障害が見られたり、特徴的な顔になったりするといった症状が現れます。

18トリソミー

こちらはエドワーズ症候群を指しており、18番目の染色体が3本の状態をいいます。自然流産する可能性が高く、無事に出産できても何らかの障害や奇形を持つ場合があり、寿命も短い場合が多いといわれています。

13トリソミー

これはパトー症候群ともいわれており、13番目の染色体が3本ある状態をいいます。エドワーズ症候群と同じく自然流産する可能性が高く、障害・奇形が見られ、寿命が短いのが特徴です。

ターナー症候群

こちらは女性の性染色体のうち、X染色体という染色体が一部欠けている、もしくは無い状態で生まれることを指し、手足がむくむ・低成長といった症状も見られる女性特有の症候群です。

クラインフェルター症候群

こちらは男性の性染色体のうち、X染色体が1つ以上多くなっている状態で、身体的に華奢になる症状が出る男性特有の症候群です。

 

羊水検査では以上5つの症候群を知ることができます。血縁者にこれらの症候群を持つ方がいる場合、念のため羊水検査のご検討をおすすめします。

 

羊水検査の条件や時期とは?

羊水検査の受検条件とは

羊水検査を受けるには、以下の条件に当てはまる必要があります。

 

・夫婦のどちらかに染色体異常がある
・一度染色体異常のある子供を妊娠または出産した
・高齢妊娠である
・専門医師から遺伝カウンセリングをしっかりと受け、理解ができている

 

羊水検査前に行われる遺伝カウンセリングでは、羊水検査における疑問点などを解消することもできますので、この機会に羊水検査の意義を理解し、受けるかどうかを慎重に検討しましょう。

羊水検査の受検時期とは

羊水検査を受けられる時期は、妊娠15週から16週以降です。

 

記事の初めにご説明したように、羊水検査は確定診断として他の出生前診断のあとに用いられることが多いため、最初からいきなり羊水検査を受けるという方は稀でしょう。また、ある程度のリスクを伴う検査のため、羊水検査を受けるかどうかよく考える必要があります。

 

羊水検査のリスクとは?流産しやすい?

羊水検査にはリスクもあり、検査のために妊婦さんのお腹に針を刺すことで300人から500人に1人、流産する確率が考えられます。これは妊婦さんのお腹に針を刺した際、破水または子宮内感染が起こる場合があるためです。

 

さらに、大量の羊水などが母体の血液中に流れこみ、呼吸困難を引き起こしてしまう羊水塞栓症という症状が起きるリスクも考えられます。

 

羊水検査をご検討の際はこれらのリスクが伴うことを考えた上で、ご家族とよく話し合って検査を受けるか決めるべきでしょう。

 

新型出生前診断のSerenity basicとは?

そこでご紹介したいのが、日本で八重洲セムクリニックと奥野病院だけが取り扱っているSerenityという検査です。Serenityとは新型出生前診断(NIPT)のことで、出生前診断先進国であるイギリスから上陸した最新の新型出生前診断です。

 

これは決して怪しい検査ではなく、Cooper Genomics社というイギリス認定検査機関が実施している検査のため、安全性・精度ともに大変高いものとなっています。

 

このSerenityには「Serenity basic」と「Serenity24」が存在しますが、検査方法はどちらも負担の少ない採血だけですので、非常に安心できる検査です。
Serenityの大きなメリットは何歳からでも受けられる点と、これまで日本では開示されてこなかった胎児の性別を知ることができる点といえるでしょう。

 

費用はすべて込みで「Serenity basic」は税別195,900円なので、他の検査と比較しても安く受けることが可能です。
※費用は2017年12月時点の費用です。費用は変更となる可能性もあるため、詳細は医療機関までお問い合わせください。

 

さらに検査は妊娠10週目から受けることができ、検査結果も10日前後と比較的早く知ることができます。

 

また、Serenity24はSerenity basicの内容とは少し変わり、13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー、Xモノソミーの他、1番から22番までの常染色体も検査することができます。費用はすべて込みの税別27万1,400円。
※費用は2017年12月時点の費用です。費用は変更となる可能性もあるため、詳細は医療機関までお問い合わせください。

 

なお、Serenity basic とSerenity24の一番の特徴は、陽性判定が出た際に無料で羊水検査を実施できることでしょう。セットになっているので、こちらでは追加料金がかかることもなく、お得に検査を受けることができますので安心です。

 

羊水検査は確定診断として利用される検査ですが、リスクを伴う点でも受けるか悩まれる方は多いでしょう。赤ちゃんの状態は気になるものですが、出生前の検査で赤ちゃんを失うことになっては本末転倒です。

 

妊娠や出産に関してご不安を抱えている方は、“Serenity Basic”“Serenity24”を検討してみてはいかがでしょうか?

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。 お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。 お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください