絨毛検査とは?方法や費用などを徹底解説! | Serenity

絨毛検査とは?方法や費用などを徹底解説!

妊娠すると、自分の赤ちゃんが本当に健康に育っているのか不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。赤ちゃんの異常を調べる方法として、「絨毛検査」という出生前検査があります。 

 

胎児の染色体異常をほぼ確実に見つけることができ、出生前診断を受けた後の確定診断としても受けられています。しかし低確率ながら流産リスクもあるため、詳細を把握し、納得してから受ける必要がある検査ともいえるでしょう。 

 

今回は絨毛検査に関する数々の疑問にお答えしていきます。 

 

絨毛検査とはどんな検査?

絨毛検査とは、胎児に染色体の異常がないか、母体の絨毛を採取して調べる検査のことです。ここで採取される「絨毛」とは母体と胎児を結んでいる胎盤の一部であり、赤ちゃんとお母さんの間で栄養分を送り合うために必要不可欠といわれています。 

 

方法としては、エコー検査で胎盤部分を確認しながらカテーテルを子宮頸部に挿入、もしくは針を母体のお腹に刺して絨毛採取をします。そこに含まれている胎児の細胞を培養し、構造や染色体の数を調べます。 

 

ちなみに絨毛検査で針を刺す場合は、胎児がいない部分に針を挿入するため胎児や羊膜まで刺さってしまうことはありませんので安心してください。 

 

絨毛検査に要する時間は10秒から15秒程度で、検査後20分ほど安静に過ごせばそのまま帰宅することができます。 

 

絨毛検査はこれらの方法で胎児の染色体異常、遺伝子異常をほぼ100%の確率で発見でき、ダウン症も発見できる出生前検査なのです。なお、絨毛検査の結果は約2週間後に分かります。 

 

絨毛検査の注意点とは?

モザイクが出る可能性がある

絨毛検査の中には低い確率ではあるものの、モザイクという胎児の染色体が正常か異常か分からない結果が出ることがあります。これは採取した絨毛に含まれる細胞が胎児の細胞ではなく、胎盤の細胞のためだと考えられています。 

 

中でも「胎盤限局性モザイク」というものが多く見られ、胎盤に異常はあるけれど胎児の染色体は正常である場合に出ることがあります。 

 

どのみちモザイクという結果が出た際は、妊娠15週以降に羊水検査も受け、胎児の染色体異常を再び検査する必要があるでしょう。 

絨毛検査には流産リスクがある

絨毛検査での流産リスクは約1%存在します。絨毛検査はカテーテルを挿入する検査でもあるため、流産が起こる可能性は絶対にないとは言いきれないでしょう。また、稀ですが絨毛検査後には出血や破水を引き起こすケースもあります。 

すべての異常は分からない

胎児の染色体異常が占める割合はすべての異常の中でも4分の1なので、絨毛検査を受けたとしても胎児のすべての異常は分かりません。

受検には条件がある

絨毛検査を受けるには母体に幾らかの負担を伴うため、以下の条件を満たしている必要があります。 

 

□夫婦両方もしくは一方に染色体異常がある
□染色体異常のある子供を妊娠、出産した経験がある
□高齢での妊娠である
□夫婦両方もしくは一方が重い遺伝病を持っている
□何らかの理由で胎児が重い病気を患う可能性がある 

 

検査前に医師と遺伝カウンセリングを行えば、自分たちに当てはまるかわからない、といった場合にも解決することができるでしょう。絨毛検査は少なくともリスクのある出生前検査ですので、ご家族とよく話し合ってから受けるかどうか判断しましょう。 

 

少ない負担とリスクで受けられる 「Serenity」

八重洲セムクリニックと奥野病院では、絨毛検査より負担の少ない新型出生前診断「Serenity basic」と「Serenity24」を採用しています。 

 

この検査は出生前診断先進国であるイギリスのCooper Genomics社による新型出生前診断で、Cooper Genomics社はイギリスで年間4万件以上の検査を実施するイギリス認定の大手医療企業検査機関です。
負担も少なく、高齢で出産をする予定の方には、特に安心のできる検査となっています。 

 

Serenity basicとSerenity24には以下の特徴があります。 

 

・年齢制限がない
・妊娠10週からOK
・検査結果が平均10日前後で分かる
・予約紹介状や分娩制約など条件の縛りが無い
・性別判定ができる
・高い検査精度
・一回の来院で採血が可能
・陽性の場合、羊水検査が無料 

 

なお、Serenity basicとSerenity24の違いは以下の通りです。 

Serenity basic

・検査項目
21番トリソミー(ダウン症候群)、18番トリソミー、13番トリソミー、モノソミーX(ターナー症候群)
・価格:19万5,900円+税 

Serenity24

・検査項目
1番から22番までの常染色体+性染色体の全染色体の検査が可能
・価格:27万1,400円+税 

 

※費用は2017年12月時点の費用です。費用は変更となる可能性もあるため、詳細は医療機関までお問い合わせください。 

 

お財布にも優しく、お金がかかる妊娠時期にはとても好ましい出生前診断といえます。
また八重洲セムクリニックと奥野病院は、国内最大の検査実績を誇っており、妊婦さんが安心できる取り組み行っています。担当するのは出生前診断ベテランの産婦人科医で、Serenity basicとSerenity24を取り扱っているのも国内で唯一この2つの医療機関のみとなっています。 

 

Serenityは負担なく安全に受けることができるため、赤ちゃんの健康について詳しく知りたい方にとっては、大変受ける価値のある検査といえるでしょう。
妊娠や出産に関してご不安を抱えている方は、“Serenity Basic”“Serenity24”を検討してみてはいかがでしょうか?

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。 お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。 お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください