東京でNIPTを受けるには?また年齢制限がないNIPT"Serenity"とは? | Serenity

東京でNIPTを受けるには?また年齢制限がないNIPT“Serenity”とは?

妊娠を経て出産や胎児についてのさまざまな情報を収集していく中で「NIPT」にたどり着く方も多いことと思います。出生前になんらかの染色体異常がないか調べることができる検査ですが、東京でNIPTを受けるにはどうすれば良いのでしょうか?また、東京で受けられる年齢制限がない最新のNIPT“Serenity”についての情報もお伝えしていきます。

 

東京でNIPTを受けるには?

NIPTは母体から採血して成分を調べることで21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの可能性について知ることができる検査です。

 

近年、高齢出産を迎える妊婦が増えたこともあり、日本でもNIPTを希望する方が増えていますが、東京でNIPTを受けるには、まず学会によって認定された病院などの施設を探すことになります。

 

しかしながらNIPTを受けられる施設は限られており、2016年9月時点では関東で16施設(東京でNIPTを受けたいならば、これよりさらに少なくなります)、また関西でも15施設のみとなっています。

 

現在はそれよりもう少し増えていることは考えられますが、依然として希望する妊婦の数に対してまだまだ少ないのが現状です。

 

また、検査を受けることができる施設が見つかったとしても、NIPTを受けるために満たさなければならない条件がいくつかあり、

 

・出産予定日時点で妊婦が35歳以上であること
・検査を行うのは妊娠10~18週目の期間内であること
・妊婦または配偶者に染色体異常が見られること
・過去に染色体異常を持った胎児を妊娠または出産した経験があること

 

などに当てはまらなければ、そもそも受けることができない施設が多くなっています。もし上記のいずれかに当てはまるという場合でも、

 

・検査を実施する病院で分娩予定であること
・かかりつけ医による直接の検査予約および紹介状が必要なこと

 

など、施設によって独自のルールが設けられているほか、採血の予約状況が常に大変混雑していることで電話による問い合わせや予約可能時間が限られていたり、そもそも電話では予約が取れなかったり、といったケースもあるようです。

 

あるいは運良く予約が取れたとしても、採血までに2~3回の診察を必要とする施設も多く、採血予約が数週間~数ヶ月先になってしまうことで妊娠18週を過ぎてしまう可能性も考えられます。

 

このように、NIPTを受けるためにはクリアしなければならない条件が多く、希望したすべての妊婦がNIPTを受けられるとは限らないのが現状です。

 

東京で受けられる年齢制限がないNIPT“Serenity”とは?

日本においてNIPTを含む出生前診断の実施率は、近年でこそ増加傾向にありますが欧米諸国に比べるとまだまだ低く、わずか2%程度とされています。

 

一方、出生前診断先進国と言われるイギリスでは2004年以降すべての妊婦に出生前診断を受けることが求められており、アメリカでも60%の妊婦が出生前診断を受けると言われています。

 

東京では八重洲セムクリニックで年齢制限がないNIPTの検査を受けることが可能です。

その八重洲セムクリニックで採用しているNIPT“ Serenity”は、そのイギリスにおいて正式にラボとして認可され、採用されているNIPTで、世界最大の遺伝子シーケンシングを行っているイルミナ社が開発した最新の検査技術を用いた、クーパーゲノミクス社が提供するNIPTです。

 

「妊娠10週以上」以外に条件は特になく、妊娠や出産に対して不安を抱えている妊婦であれば、年齢制限などの心配もなく受けることが可能です。

 

当然かかりつけ医からの直接の検査予約や紹介状も必要なく、また過去に染色体異常の胎児を妊娠・出産した経験や、妊婦自身あるいは配偶者に染色体異常が見られるといった条件も必要ありません。

 

八重洲セムクリニックでは一般的なNIPTの検査対象である21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーに加えて、性別判定やモノソミーX(ターナー症候群)など性染色体についても調べることができる“Serenity basic”のほか、1~22番の常染色体について調べることができる“Serenity24”も提供しております。

 

前の項目では採血までに2~3回の診察を必要とする施設が多いとお伝えしましたが、八重洲セムクリニックでは1回の来院で採血が可能なうえ、検査結果も平均10日程度と早く(一般的なNIPTは2週間程度)、採血から検査結果まで不安を抱えながら過ごさなければならない期間を最小限に抑えることができます。

 

なお、検査の結果、万が一陽性だった場合でも羊水検査を無料で受けることも可能です。

 

東京でNIPTが受けられる施設をお探しの方は八重洲セムクリニックを検討されてはいかがでしょうか。

出生前に胎児の染色体異常の可能性について調べることができるNIPTは、胎児の出生後および親としての心の準備や早期の治療開始などを考えた時に、それを準備する時間を持つことができますので、非常に大切な検査であると言えます。

 

しかしながら、一般的なNIPTはそれを受けるための条件が厳しいため、いくつかの条件をクリアしていたとしても「受けられない」可能性があるということです。

 

“Serenity basic”や“Serenity24”は、妊娠10週以上で妊娠や出産に不安を抱えている妊婦であれば年齢制限なしに受けることが可能ですので、東京でNIPTを受けられる施設をお探しの方は八重洲セムクリニックを検討されてはいかがでしょうか。

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。 お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。 お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください