新型出生前診断(NIPT) とは

新型出生前診断(NIPT) とは

次世代型の新型出生前診断(NIPT)「Serenity24」

新型出生前診断(しんがたしゅっせいぜんしんだん)とは、「母体から採血し、その血液を検査することにより胎児の染色体異常を調べる検査」のことです。
新型出生前診断という名称自体は日本での通称名であり、母体血清マーカ―テストなどの従来の血液による出生前診断と比較して感度、特異度からみる検査自体の精度がきわめて高い為、従来の出生前診断と区別してこのように呼ばれています。
現在、大学病院や一部の個人クリニックにおいてこの新型出生前診断が提供されていますが、当院が提供する「Serenity24」は、従来型の新型出生前診断とは異なり、全染色体検査が可能な次世代型の新型出生前診断です。
このタイプの新型出生前診断を提供しているのは日本でも当院のみです。

日本以外の新型出生前診断の状況

海外では、日本とは異なり新型出生前診断は様々な検査会社から提供されており、アメリカやヨーロッパではすでに多くの方が検査を受けています。
特にイギリスでは、ダウン症候群の遺伝子疾患を早期診断するための国家的なスクリーニング事業が行われており、2004年以降は全妊婦が出生前検査を受けるように求められています。出生前診断は、アメリカでは60%、日本では2%程度の実施率でありその普及率は圧倒的に異なります。このような出生前診断先進国イギリスでラボとして正式な認可を受け採用されている新型出生前診断が、Cooper Genomics(クーパーゲノミクス)社の『Serenity』(セレニティ)です。

新型出生前診断「Serenity」について

クーパーゲノミクス社の『Serenity』は、世界最大の遺伝子シーケンシングを行っているイルミナ社によって開発された最新のNIPT検査技術を採用しています。
この検査技術は精度が非常に高く、現在日本で提供されている新型出生前診断と比較すると、21トリソミーに関しては0.04%、13トリソミーに関しては7%程度も精度が向上しています。
世界五大医学誌の一つである『New England Journal of Medicine』においても、1,914人の女性に対してトリソミー21、18を検査した結果として、「イルミナ社の開発した最新のNIPT検査技術による検査結果は、従来の出生前検査の結果と比較して偽陽性率がとても低く、より正確な予知が妊婦と胎児にできる結果となった。」と発表されています。
セレニティは、年間検査数が4万件を超える豊富な検査実績を持っています

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。
お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください