40代の出産では新型出生前診断(NIPT)を受けるべき?知っておきたい40代での出産のリスクとは

日本では晩婚化などの影響を受け、高齢出産を経験する方が増加してきました。

年齢が上がるほど出産にはリスクが伴うと認識されている方も多いですが、具体的にどのようなリスクがあるのでしょうか?今回は、40代の出産に焦点を当て、新型出生前診断(NIPT)を受けるべきかどうかをお伝えしていきます。

先天性異常をもった赤ちゃんが生まれてくる確率は40代の場合、何パーセント?

日本産科婦人科学会では、35歳を過ぎてから初めて妊娠する場合を「高齢初産婦」と位置付けています。この定義では初産に限定されていますが、35歳以上になると妊娠や出産にリスクが伴うことから、一般的には35歳以上での出産を「高齢出産」と呼ぶケースが多いです。

母親や父親の年齢が上がるほど、卵子や精子の老化によって染色体異常の発生率が高まります。日本産科婦人科学会によると、先天性異常が起こる可能性は妊婦の年齢が25〜30歳で1.8%、35〜40歳で2%であり、40歳を超えると2.3%となることが示されています。

ダウン症の発生率も母親の年齢が30代、40代と上がるにつれて高くなる傾向にあります。出産時の年齢が25歳では1,351人に1人、30歳では909人に1人の確率ですが、40歳では112人に1人というデータが存在します。

また、30代、40代と母体の年齢が上がると、流産や早産の可能性も高まるといわれています。40代の高齢出産では胎児の染色体異常、流産や早産などの心配事が多くなるため、「準備」として出生前診断を受ける方もいます。

特に、最近では新型出生前診断(NIPT)が注目を集めています。

40代の出産、新型出生前診断(NIPT)は受けるべき?

従来の出生前診断といえば、羊水検査や絨毛検査など、少なからず母体に負担がかかる方法が普及していました。しかし、新型出生前診断(NIPT)では、母体の血液を採取するだけで胎児の染色体異常を高い精度で調べることができるという特徴があります。

現在、日本で実施されている一般的な新型出生前診断(NIPT)では、性別判定の結果はわかりませんが、 八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)であれば、全染色体の検査を行うことができ、希望者には性別判定の情報も提供されます。

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)の検査には全染色体の検査ができる全染色体検査のほか、13、18、21番の染色体と性染色体だけを調べる基本検査が用意されています。

染色体には1〜22番までの「常染色体」と性別の決定に関わる「性染色体」があります。基本検査ではダウン症の発生にかかわる21番の染色体を含む、異常の発生頻度が高い染色体を調べることになります。

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)を受けるためには、母体から10mlの血液を採取する必要があり、血液の検体は海外の検査会社に輸送します。

出生前診断の実施率はアメリカで60%程度であるのに対し、日本では2%ほどであり、広く浸透しているわけではありません。

しかし、高齢出産が増えている今、新型出生前診断(NIPT)を受けることによって得られる安心感はあるでしょう。また、どのような状況であっても、新型出生前診断(NIPT)によって出産までに心の準備ができるというメリットがあります。

新型出生前診断(NIPT)を受けて、万が一“陽性”だったら…?

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)で検査結果が万が一、陽性だった場合、羊水検査など確定診断を受けることになります。

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)を受けた方は、奥野病院(大阪)にて羊水検査を無料で受けることが可能です。結果通知後の医師による再診察にかかる費用も無料になるなど、陽性の結果が出た場合のフォロー体制も整っています。

また、遺伝カウンセリングを受けるという方法もあり、検査の結果が持つ意味について理解を深めたり、意思決定や選択の仕方について相談したりすることができます。40代での高齢出産の方は不安が募るかもしれませんが、それらを整理しながら納得のいく選択をしていくことが大切になります。

今話題のより精度の高い新型出生前診断(NIPT)はどこで受けられる?

40代の高齢出産で、新型出生前診断(NIPT)を受けたいとお考えの方もいることでしょう。従来の新型出生前診断(NIPT)より精度の高い新型出生前診断(NIPT)を受けるためには、採血医療機関である東京の八重洲セムクリニック、大阪の奥野病院に電話で予約申し込みを行います。

奥野病院は30年以上も産婦人科医療機関として実績を築いており、八重洲セムクリニックは産婦人科医として40年以上の経験を有する院長が在籍しています。

いずれの医療機関でも遺伝カウンセリングを実施したあとに採血を行い、検体の輸送・検査が実施されます。なお、検査の結果は採血から通常10日前後で知ることができます。

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)を受けるにあたり年齢制限はなく、採血時に妊娠10週目以降であれば、40代の方でも対象となります。

羊水検査は妊娠15〜16週目以降でなければ実施できないため、八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)は妊娠初期の段階でリスクを伴わない染色体検査を希望する方に適しています。

40代の方の妊娠が増える昨今、高齢出産に伴う不安を解消して出産に臨むことができるよう、八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医