新型出生前診断(NIPT)では何がわかる?幅広い検査対象を持つ新しい新型出生前診断(NIPT)もご紹介!

2013年より日本でも提供が開始され、検査を受ける妊婦さんが増えている新型出生前診断(NIPT)ですが、具体的に何がわかるのでしょうか?

今回は新型出生前診断(NIPT)の検査で何がわかるのかについて解説するとともに、検査対象が幅広い八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)をご紹介します。

NIPTでは何がわかるの?

NIPTは、日本では新型出生前診断とも呼ばれています。

母体から採血し、その成分を分析することで、妊娠中の胎児になんらかの染色体異常の疑いがないかどうかを調べる検査です。

母体血清マーカーテストといった従来の血液による出生前診断と比べて、感度や特異度からみる検査精度がきわめて高いため「新型」と名付けられ、区別されています。

現在日本で採用されている一般的な新型出生前診断(NIPT)では、検査によって何がわかるのでしょうか?それは次の3種類の染色体異常の疑いについてです。

※21トリソミー(ダウン症候群)

※18トリソミー(エドワーズ症候群)

※13トリソミー(パトー症候群)

新型出生前診断(NIPT)は、妊娠中の胎児に上記の染色体異常の疑いがないかどうかについて、調べるための検査です。

ただし、新型出生前診断(NIPT)はあくまでスクリーニング検査に分類されているため、検査結果は確定ではありません。

検査結果は「陽性」「陰性」で通知されますが、万が一「陽性」だった場合は、羊水検査を受けて診断を確定させることになります。

検査対象が幅広い八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)では何がわかるの?

「現在日本で採用されている一般的な新型出生前診断(NIPT)で何がわかるのか?」については

21トリソミー

18トリソミー

13トリソミー

の「疑い」についてでした。

続いてご紹介するのは、検査対象が幅広い八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)です。

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)には、基本検査と、全染色体検査という2種類の検査があります。

それぞれ、何がわかるのか見ていきましょう。

基本検査では何がわかる?

21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーのほか、モノソミーX(ターナー症候群)やクラインフェルター症候群などの性染色体異常の検査および、希望者には追加費用なしで性別判定が可能です。

全染色体検査では何がわかる?

1~22番の常染色体すべてと性染色体異常の検査および、希望者には追加費用なしで性別判定が可能です。

いかがでしょうか?

従来の新型出生前診断(NIPT)が21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの3種類についてしか調べることができないのに対し、基本検査でも性染色体異常の検査や性別判定が可能です。

ただし、この八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)も従来の新型出生前診断(NIPT)と同じスクリーニング検査ですので、わかるのはそれぞれの染色体異常の「疑い」についてです。

「陽性」の検査結果が出た場合は、やはり羊水検査を受けて診断を確定させることになります。

「何がわかるのか」についてここまでをまとめると、

従来の新型出生前診断(NIPT)

21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー

八重洲セムクリニックと奥野病院の新型出生前診断(NIPT)

基本検査

21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー、性染色体、性別

全染色体検査

1~22番の常染色体および性染色体、性別

ということになります。

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)は検査対象が幅広いだけでなく、検査精度という点においても従来の新型出生前診断(NIPT)より向上しています。

わずかながら「偽陽性」の可能性もあるため、八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)で陽性の検査結果が出た場合、確定させるには羊水検査が必要になります。

しかし、陰性的中率を見てみると99.9%と非常に高いためほぼ安心でき、1/200~1/300の確率で流産を引き起こすリスクがある羊水検査を避けることができる検査といえます。

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)を受けたいと思ったら?

今回は、新型出生前診断(NIPT)では何がわかるのか、そして検査対象が幅広い八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)では何がわかるのかを見てきました。

現在、日本で検査対象が広い新型出生前診断(NIPT)を採用しているのは、東京の八重洲セムクリニックと、大阪の奥野病院の2院です。

「妊娠10週以上」であれば、年齢制限なども気にせず受けることができ、万が一、確定診断の羊水検査が必要になった場合は、大阪の奥野病院にて、無料で検査を受けることも可能です。

妊娠や出産に不安を抱えている妊婦さん、気になる妊婦さんはぜひ、より幅広い検査対象を持つ八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)を検討してみてはいかがでしょうか?

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医