双胎妊娠の場合でも新型出生前診断(NIPT)は受けられる?赤ちゃんが双子でも検査ができる新型出生前診断(NIPT)をご紹介

お腹の赤ちゃんが双子とわかると喜びや楽しみも大きなものとなりますが、出産のリスクが高まるなど、心配事も増えるものです。近年、新しい出生前診断として「新型出生前診断(NIPT)」が注目されていますが、双胎妊娠の場合にも使えるのでしょうか?

今回は双子も検査対象となる新型出生前診断(NIPT)について解説していきます。

双胎妊娠とは?

双胎(そうたい)とは、2人の胎児を同時に妊娠している状態のことであり、生まれてきた子供は「双生児」や「双子」と呼ばれています。また、双子や三つ子など、2人以上の胎児を妊娠している場合を総称して「多胎」といいます。

双胎の場合、1つの受精卵が分裂して2つになり、それぞれ別の個体になる場合が「一卵性」です。一方、同時に2つの卵子が排卵され、それぞれ受精した場合は「二卵性」となります。

双胎妊娠では、通常の出産と比較して、貧血、妊娠中毒症、早産、流産などを引き起こすリスクが高まります。また、妊娠中の悪阻(つわり)に関しても、双胎妊娠でない場合と比べて重くなりやすいといわれています。

子供を一人妊娠、出産するだけでも不安が伴うものですが、双胎の場合は出産にあたるリスクもあるため、より一層不安に感じられるのではないでしょうか?妊娠や出産にかかわる不安を一つでも解消するため、出生前診断を受けたいと考える方もいます。

双胎妊娠している状態で新型出生前診断(NIPT)は受けられる?

出生前診断には超音波や採血を使った方法から、羊水や絨毛に針を刺して検査する方法まで、さまざまなものが存在します。

しかし、超音波や採血などの方法では母体への負担はほとんどない一方で、検査精度が低いという欠点があります。また、羊水や絨毛の検査では診断を確定させることはできますが、母体に針を刺す必要があり、流産のリスクが高まるというデメリットを伴います。

そこで、近年注目を集めているのが「新型出生前診断(NIPT)」という新しい検査方法です。この手法では、母体から血液を採取するだけで、胎児の染色体異常について高い精度で調べることが可能となります。

母体の血液には胎児のDNA断片が含まれているため、このような方法で検査を行うことができるのです。

双胎妊娠の場合、染色体に関して正確な情報を取得するためには、羊水検査が用いられることが少なくありません。

なお、双胎の場合の新型出生前診断(NIPT)については、単胎児と精度が同等だとして実施する場合もあれば、精度が定かでないために検査の対象から除外される場合もあります。

新しい新型出生前診断(NIPT)は双胎妊娠でも検査が受けられる!

新型出生前診断(NIPT)のうち、今注目を集めている検査が八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)です。

染色体異常の中でも発生頻度が高い13、18、21番の染色体を調べる“基本検査”と、1〜22番の染色体を含む全染色体を調べる“全染色体検査”が提供されています。いずれの検査でも性染色体も検査対象となり、希望者には性別判定の結果についても開示されます。

従来の新型出生前診断(NIPT)は35歳以上という年齢制限がありますが、八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)では採血時に妊娠10週目以降の方であれば検査を受けることができます。

八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)では、単胎妊娠の方はもちろん、双胎妊娠の方も検査の対象となっています。

検査で陽性の場合、一卵性双生児であれば2人の胎児に異常があり、二卵性双生児の場合はどちらかの胎児に異常がある可能性が示されます。

より精度の高い新型出生前診断(NIPT)はどこで受けられる?検査にかかる費用は?

日本国内で幅広い検査ができる新型出生前診断(NIPT)を受けることができる施設は、東京の八重洲セムクリニック、大阪の奥野病院があります。この2施設が採血医療機関となっており、採血した検体を海外の検査機関へ輸送します。

検査結果については採血から平均10日前後で知ることが可能です。

検査費用は検査内容の違いにより、それぞれ異なってはきますが、いずれの検査でも事前カウンセリング、採血、検査説明、結果通知の費用が含まれており、万が一、陽性だった場合の羊水検査は、大阪の奥野病院で無料にて受けることが可能です。

※費用についての詳細は医療機関までお問い合わせください。

双胎妊娠の場合は、出産後の生活について何かと心配になることがあるでしょう。

染色体異常に関する不安がある方は、出産まで悩み続けるよりも、新型出生前診断(NIPT)を受けることで心の整理や準備につながるかもしれません。今注目の幅広い検査ができる新型出生前診断(NIPT)について、この機会に検討してみてはいかがでしょうか?

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医