新型出生前診断(NIPT)と胎児ドックの違いは?どちらを受けるか迷ったら?

新型出生前診断(NIPT)と胎児ドックは、どちらも出生前診断においてスクリーニング検査に分類されています。2つの検査の違いや、どちらを受けるか迷ったときのために知っておきたいポイントと併せて、話題の八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)をご紹介します。

NIPTと胎児ドック、それぞれどんな検査?

NIPTと胎児ドックがそれぞれどんな検査なのかを簡単に説明します。

NIPT

母体から採血し、その成分を分析することで胎児に21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの疑いがないかどうか調べることができる検査です。

検査精度は胎児ドックより高いものの、実施している病院がまだ少ないことや、詳しくは後述しますが検査を受けるための条件などが厳しく、希望する妊婦さんすべてが受けられるというわけではないのが現状です。

胎児ドック

初期、中期があります。超音波で胎児の21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの疑いおよび、身体や臓器の異常の有無を調べる検査です。

胎児ドックは実施している病院も多く、年齢制限などもないため、実際にさまざまな妊婦さんが受けている検査です。しかし、精度という点においてはNIPTよりも低くなっています。

まずは、NIPTと胎児ドックの基本的な部分の違いを知っておきましょう。

NIPTと胎児ドックのどちらを受けるか迷ったときは?

NIPT、胎児ドックいずれもスクリーニング検査ですので、母体や胎児への身体的負担はほとんどありません。

また、精度こそほぼ100%ですが1/200~1/300の確率で流産を引き起こすリスクがある羊水検査を避けることができるという点でも共通しています。

では、NIPTと胎児ドックのどちらを受けるか迷ったとき、何をポイントに選べば良いのでしょうか?

費用、時期、その他いろいろな要素が絡んできますが、やはり着目したいのは精度ではないでしょうか。

胎児ドックにおける超音波検査の精度は、一般的に次のようになります。

初期胎児超音波検査 約64~70%

中期胎児超音波検査 約50~75%

胎児ドックでは、超音波検査に母体血清マーカーテストを組み合わせるケースが少なくありません。

母体血清マーカーテストの精度を21トリソミーの例で見てみましょう。

母体血清マーカーテスト 約80%

一方、NIPTの精度を、同じく21トリソミーの例で見てみると次のようになります。

NIPT 約99%(感度99.10%、特異度99.90%)

もちろんNIPT、胎児ドックいずれの検査もスクリーニング検査ですので、確定ではありません。わずかながら「偽陽性」の可能性があるのです。

そのため、万が一、胎児に「なんらかの染色体異常の疑いがある」という結果が出た場合は、確定診断である羊水検査を受けることになります。

しかしNIPTは、99.9%という非常に高い陰性的中率を誇ります。

つまり、陰性の検査結果が出ればほぼ安心できるため、流産のリスクがある羊水検査を避けることができる検査といえます。

もちろん、どちらの検査が「良い」「悪い」ということはありません。重要なことは、検査を受ける段階で、夫婦がどちらの方法を選ぶかです。

ですが、もし迷ったときは、検査の精度についてある程度知っておくと、判断基準のひとつの目安になります。

従来のNIPTの課題をクリアした話題の新型出生前診断(NIPT)とは

NIPTは母体や胎児への身体的負担が少ないだけでなく、これまでの出生前診断と比べて精度が高いことが分かります。

しかしながら、

・妊娠10~18週の期間内

・出産予定日時点で妊婦さんが35歳以上

・夫婦いずれか、または両方に、なんらかの染色体異常が見られる

・過去に染色体異常の胎児を妊娠、または出産したことがある

といった条件があることや、病院側が独自に設定している次のような制限もあります。

 

・検査を実施する病院は分娩予定の病院でなければならない

・かかりつけ医からの直接の検査予約および紹介状が必要

このように、検査を受けるためのハードルが高く、希望する妊婦さんすべてが受けられるわけではないというのが現状です。

ところが、こうした従来のNIPTの課題をクリアする新型出生前診断(NIPT)があるのです。それが、八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)です。

妊娠10週以上で妊娠や出産に不安を抱えている妊婦さんであれば、年齢制限や分娩指定、かかりつけ医からの検査予約も紹介状なども一切必要ありません。

検査の精度という点においても、従来の新型出生前診断(NIPT)より向上しています。

現在、日本でより精度の高い新型出生前診断(NIPT)を採用しているのは東京の八重洲セムクリニックと、大阪の奥野病院です。

NIPTと胎児ドックのどちらを受けるか迷われている妊婦さん、妊娠や出産に不安をお持ちの妊婦さん、八重洲セムクリニックと奥野病院が提供している新型出生前診断(NIPT)についてより詳しく知りたい妊婦さんはぜひ一度、病院に問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医