NIPT(新型出生前診断)が受けられる時期はいつ?妊娠10週~18週の人以外は検査できないって本当?

赤ちゃんの染色体異常について調べることができるNIPT(新型出生前診断)。妊娠10週目よりも前の段階では検査を受けることはできません。

今回は、実施条件が妊娠10週目以降とされている理由を含め、NIPT(新型出生前診断)の特徴をお伝えしていきます。

NIPT(新型出生前診断)の検査を受けられるのは妊娠10週以降から?

NIPTを受けられる時期はいつからなのか解説します。

NIPTを受けられるのは妊娠10週以降

NIPTを受けられるのは、妊娠10週0日以降と決まっています。

これは、NIPTが妊婦さんの血液中に含まれる胎児のDNA断片を調べる検査だからです。

この検査では、妊娠中の母体から血液を採取しますが、ここに赤ちゃんのDNA断片が含まれているために、異常を探ることが可能となります。

妊娠10週以前では、妊婦さんの血液中の胎児のDNA量が足りません

もっと早い段階で検査をしたいとお考えの方もいらっしゃいますが、妊娠10週よりも前では、血液中に含まれる赤ちゃんのDNAが十分ではありません。

妊娠何週までNIPTを受けられるかは病院によりさまざま

また、妊娠してから月日が経つと赤ちゃんのDNA濃度が減少していくため、基本的にNIPT(新型出生前診断)を受けられる機関は妊娠18週までとされています。

ただ、検査機関によっては“いつまで”ということに関して制限を設けていない場合もあります。

ひと言でNIPT(新型出生前診断)といっても、検査機関によって詳細が異なるということを認識しておきましょう。

妊娠15週ごろまでにNIPTを受けるよう推奨されることも

NIPTを適切な時期に受けておくべき理由を解説します。

NIPTの結果が陽性の場合、羊水検査を受けます

NIPT(新型出生前診断)で“陽性”という結果が出た場合には、確定診断を行うために羊水検査などを受けることになります。

NIPT(新型出生前診断)の精度は100%ではありませんが、羊水検査ではほぼ確実に診断ができるためです。

NIPTも羊水検査も、結果が分かるまでにある程度の日数がかかります

NIPTを受けて結果が出てから、羊水検査を受けさらに結果を待つことになります。(どちらも2週間前後かかります。)

羊水検査や中絶を受ける可能性に基づき、NIPTを実施できる期間は15週ごろまでとされていることが多いです。

妊娠中絶には期限があります

法的に人工妊娠中絶が認められているのは妊娠22週未満とされています。

ここまで、従来のNIPTの検査の時期について解説してきました。時期のほかにも、さまざまな制限があります。

従来のNIPT(新型出生前診断)は制限が多く、簡単には受けられない

NIPTを簡単には受けられない理由を解説します。

NIPTを受けるための条件を満たしていないと、検査を受けられません

代表的な条件は以下の通り。

一般的なNIPT(新型出生前診断)では、出産時の年齢が35歳以上であること、検査を行う医療機関での分娩を予定していることなど、いくつかの制限が設けられています。

以前の妊娠で赤ちゃんにダウン症候群などの染色体異常があることがすでに確認されているなどの条件も存在します。

NIPT(新型出生前診断)を受けるには何かと制限が多く、「検査を受けたい」と思っても簡単には受けられないという側面があります。

NIPTを実施している病院に通うのが大変

居住地の都合から検査を行う病院では出産できないという方もいます。

また、場合によっては採血予約に数週間以上かかるケースもあり、待っている間に月日が経ってしまうという可能性もあります。

制限がほとんどない新しいNIPT「ベリファイ(Verifi)」をご紹介

従来の検査と比べて、ほとんど制限のないNIPT(新型出生前診断)をご希望の場合は、八重洲セムクリニック・奥野病院が提供しているベリファイと呼ばれる検査を選ぶこともできます。

新しいNIPT「ベリファイ」とは?

アメリカのベリナタヘルス社が提供するNIPT「ベリファイ」。

ベリファイでは、一般的な新型出生前診断と同じ13番、18番、21番染色体に加えて、その他すべての常染色体と性染色体の全染色体検査も可能です。

モノソミーX(ターナー症候群)などの性染色体異常についても検査可能なほか、性別も開示してもらえます。

NIPT(新型出生前診断)では全部で23組ある染色体のうち、13番、18番、21番の染色体だけを調べることが基本です。

しかし、実際にはこれ以外の染色体に異常が生じる可能性もあります

「ベリファイ」はほぼ制限なく検査を受けられるNIPTです

「ベリファイ」を受けるための条件は、妊娠10週以降という条件のみ。(ただし通常のNIPTと同様に3つ子以上の多胎妊娠の方は検査の適応外です。)

ベリファイは一般的なNIPT(新型出生前診断)とは異なり、年齢制限がなく、医師の紹介状も必要ありません。

検査を実施できる期間についても、10週〜18週という制限ではなく、“妊娠10週目以降”とされています。

妊娠18週を過ぎてから「やはり検査を受けたい」と考える妊婦さんでも、NIPT(新型出生前診断)を受けることができるのです。

「ベリファイ」は1回の来院で検査可能

さらに、予約は必要ですが毎週日曜日に採血を行っており、1回の来院だけで済むという利便性にもメリットがあります。

まとめ

一般的なNIPT(新型出生前診断)ではこうしたことが起こり得ますが、実施機関によっては制限がない検査を提供していることもあります。

NIPT(新型出生前診断)にご興味がある方は、どこで検査を受けるのかじっくり考えてみることが望ましいです。

妊娠や出産には何かと不安が伴うものですが、「もし赤ちゃんに染色体異常があったら…」という考えが頭をよぎる瞬間もあるでしょう。

特に高齢出産ではリスクが高まるため、妊娠中に確認しておきたいと感じる方は少なくありません。

八重洲セムクリニック・奥野病院が提供しているベリファイでは、妊娠10週目以降であれば検査を受けることも可能なので、ご不安がある方は検討してみると良いかもしれません。

安心してNIPTを受診するためには病院選びが大切

婦人科専門医のNIPT予約センター(八重洲セムクリニック・奥の病院)は、総検査数10,000件を超える豊富な検査実績と充実したアフターサポートにより多く方に選ばれています。

■NIPTの検査実績

2016年より年齢制限のないNIPTを提供し、日本国内の医療機関でNIPT総検査数10,000件を超える実績をもつ専門医療機関です。

■NIPTに対する高い専門性

出生前診断歴40年を超える産婦人科専門医かつ国際出生前診断学会であるInternational Society for Prenatal Diagnosis: ISPD会員の医師が検査を担当します。

■羊水検査が可能

陽性だった場合の羊水検査の実施も当院にて可能です。他院で受ける必要はありません。(※人工中絶手術も当院にて可能です。)

■国際医療輸送の実績

血液検体の輸送は、国際医療輸送の専門企業が担当します。検体紛失や取り違いは1度もありません。

まずは専門医によるカウンセリングにてお気軽にご相談ください。