30代は高齢出産にあたる?NIPT(新型出生前診断)は受けたほうがいい?

30代で出産する女性は増えていますが、いつから“高齢出産”に該当するのでしょうか?30代、40代と年齢を重ねるごとに、出産のリスクは高まっていくものです。

今回は、妊娠や出産にあたりご不安を抱えている30代の方のために、NIPT(新型出生前診断)の特徴についてご紹介します。

何歳からが高齢出産?高齢出産に伴うリスクとは

“高齢初産”は35歳以上で初めて出産を経験する場合と定義されていますが、“高齢出産”には厳密な定義がありません。一般的には35歳以上での出産を“高齢出産”と呼んでいます。

近年は女性の社会進出、晩婚化などから、妊娠や出産を経験する年齢が上昇してきており、30代以降での出産も珍しいことはではなくなりました。

30代後半や40代で赤ちゃんがほしいと考える方は増えていますが、加齢により妊娠しにくくなったり、流産の可能性が高まったりすることがわかっています。さらに、胎児に染色体異常が生じる確率も、年齢とともに高まっていくため、年齢が若い方の出産とは異なる部分があります。

30代後半や40代での妊娠、出産を希望している方は、流産や染色体異常のリスクが高まるという事実を知っておきましょう。

染色体異常の発生率は、母親の年齢によって変わる?

染色体異常の発生率には、母親の年齢が大きく関わっていると考えられています。染色体異常の中でも特に発生頻度の高いダウン症候群の場合、母体が20歳であれば発生率は1068分の1となります。

しかし、30歳では626分の1、40歳では68分の1、45歳では16分の1と上昇していくことが知られています。

ダウン症候群以外にもさまざまな染色体異常があるため、すべての染色体異常を含めると発生率はさらに高まることになります

こうした数字からもわかるように、20代、30代、40代と年齢を重ねていくと、それに比例して染色体異常の発生率は上昇していきます。これは、加齢によって母体の卵子ができてから排卵までに要する期間が長くなり、染色体に影響が生じるためと考えられています。

母体の年齢が30代、40代と高くなっても必ず染色体異常が生じるわけではありませんし、異常のない赤ちゃんを出産される方もいます。ただ、異常が生じる発生率が若い世代と比べると非常に高くなることは事実です。

NIPT(新型出生前診断)では何がわかる?

2018年3月に一般診療化した“NIPT(新型出生前診断)”では、妊娠中の母親の血液を採取するだけで、胎児の染色体異常について可能性を探ることができます。

血液を採取するだけの簡便な手法でありながら、高い検査精度で異常を調べることが可能となる点にメリットがあります。

お腹から針を刺して羊水の一部を採取する羊水検査という出生前診断もありますが、確定診断ができる一方で、流産や感染のリスクを伴うことが問題点となっていました。

しかし、NIPT(新型出生前診断)ではそうしたリスクがありませんので、安心して検査を受けることができます。

ヒトの染色体には常染色体(22対44本)と性染色体(1対2本)があり、常染色体のうち13番、18番、21番の染色体では異常の発生頻度が高いことがわかっています。

一般的なNIPT(新型出生前診断)では、この3種類の染色体異常の可能性について調べることになります。

NIPT(新型出生前診断)の結果は“陽性”か“陰性”で示され、陽性の結果が出た場合は確定診断を受けることになります。これはNIPTの検査精度が100%ではなく、本当は陰性なのに陽性の結果が出る“偽陽性”の可能性があることが理由です。

検査精度は調べる病気や母親の年齢によっても左右されますが、陰性的中率については非常に高い水準を誇るため、“染色体異常がない”という結果だった場合はほぼ安心することができます。

13番、18番、21番の染色体では異常が生じやすいですが、実際にはそれら以外の常染色体や性染色体に異常が出る可能性もあります。

東京の八重洲セムクリニック、大阪の奥野病院が提供しているNIPT “ベリファイ”では、一般的な新型出生前診断と同じ検査に加えて、常染色体と性染色体の全染色体検査も可能です。

モノソミーX(ターナー症候群)などの性染色体異常についても検査可能なほか、性別も開示してもらえます。

NIPT(新型出生前診断)では、基本的に35歳以上の方が対象とされていますが、八重洲セムクリニックと奥野病院が提供するベリファイでは年齢制限がありません。したがって、出産にあたりご不安があれば30代前半の方でもNIPT(新型出生前診断)を受けることが可能となります。

30代で赤ちゃんの染色体異常に関するご不安をお持ちの方は、NIPT(新型出生前診断)を検討してみると良いかもしれません。

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医