NIPT(新型出生前診断)の対象者はどんな人?受けられる人、受けられない人など条件について

赤ちゃんの染色体異常を調べるNIPT(新型出生前診断)という検査が注目を集めています。

今回は、NIPT(新型出生前診断)の特徴や対象者について解説します。特に年齢などの条件から、検査の対象者になるかどうか気になっている方は参考にしてみてください。

NIPT(新型出生前診断)とは?従来の出生前診断との違いは?

NIPT(新型出生前診断)は、妊婦さんから採取した血液の中を浮遊している胎児のDNA断片を分析し、染色体異常を調べる検査です。

発生率の高い3つの染色体異常(13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー)について調べ、結果は「陽性」や「陰性」といった形で伝えられます。

比較的新しい検査であることから「新型」という言葉が使われていますが、従来の出生前診断とは何が違うのでしょうか?

出生前診断といえば、羊水の一部を採取して異常を調べる「羊水検査」がありますが、診断を確定できるというメリットがある一方で、母体に針を刺して検査を行うことから流産の可能性を伴うことが欠点となります。

NIPT(新型出生前診断)だけでは、確かな診断をすることはできず、陽性という結果だった場合には、羊水検査を受けて診断を確定させる必要があります。

しかし、負担が大きく、流産のリスクを伴う羊水検査の前段階としてNIPT(新型出生前診断)を実施できることには利点があるといえます。

NIPT(新型出生前診断)は誰でも受けられる?具体的な対象者とは

一般的なNIPT(新型出生前診断)では、検査を受けることができる対象者の年齢制限があります。日本のNIPT(新型出生前診断)で対象者となるのは、35歳以上の妊婦さんに限られているのです。

正確にいうと、「出産予定日の時点で35歳以上」という制限が設けられていることが多いです。

凍結胚を用いた妊娠の場合は、採卵時に34歳2ヶ月以上であることが定められているケースも存在します。

NIPT(新型出生前診断)で対象者の年齢制限が設けられている理由については、検査精度から説明することができます。

染色体異常の中でも発生率が高いダウン症候群(21トリソミー)の陽性的中率は、妊婦さんが30歳で61.3%、35歳で79.9%、40歳で93.7%と上昇していきます。

妊婦さんの年齢が若いと検査精度が低くなり、「偽陽性」になる可能性が高くなります。偽陽性とは、本来は陰性なのに陽性の結果となることを意味します。

また、35歳を境に染色体異常の発生率が大きく増加するという側面もあります。ダウン症候群の発生率は妊婦さんの年齢が20歳のときは1/1068ですが、30歳で1/626、35歳で1/249、40歳で1/68となります。

NIPT(新型出生前診断)で対象者の年齢に制限が設けられているのは、検査精度と染色体異常の発生率を考慮した結果といえます。

しかし、実際には35歳未満の妊婦さんであっても胎児に染色体異常が生じる可能性はあるため、NIPT(新型出生前診断)を受けたいと考える方もいます。

陰性的中率に関しては、どの年齢であっても99. 99%と非常に高く、調べた染色体について異常がないことはほぼ確実に知ることが可能となります。

一般的なNIPT(型出生前診断)では、年齢以外にも、妊娠10〜18週目であること、夫婦のいずれか(または両方)に染色体異常があること、過去に染色体異常の赤ちゃんを妊娠、出産した経験があることなど、検査の対象者となるための制限が存在します。

このような制限から対象者になれない方も少なくありません。

NIPT(新型出生前診断)の対象者、制限の有無はクリニックによって異なる?

NIPT(新型出生前診断)を受けてみたい気持ちがあっても、年齢の制限があるために、「自分は対象者の条件を満たさない」という方もいるでしょう。

しかし、対象者など検査に関する制限の有無はクリニックによっても異なります。

日本国内では、八重洲セムクリニックと奥野病院が行っている「ベリファイ」というNIPT(新型出生前診断)では、対象者の年齢制限がありません。

35歳以上という年齢制限では条件を満たさない、若い妊婦さんもNIPT(新型出生前診断)の対象者となることができるのです。

ベリファイは採血時に妊娠10週目以降で単胎妊娠また双胎妊娠という条件を満たしていれば検査の対象者となります。さらに、紹介状なども不要であり、検査を受けたクリニックで分娩予定でなくても問題ありません。

ベリファイは、対象者となるための制限が少なく、妊娠や出産にあたり、不安を抱えている方が利用しやすいNIPT(新型出生前診断)となっています。

一般的なNIPT(新型出生前診断)では対象者になれなかった妊婦さんで、妊娠後の早い段階から赤ちゃんの異常を調べておきたいという方は、八重洲セムクリニックと奥野病院のNIPT(新型出生前診断)ベリファイを検討してみてはいかがでしょうか?

 
産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医