NIPT(新型出生前診断)でわかることは?超音波(エコー)検査との違いやメリットについて解説

NIPT(新型出生前診断)と超音波(エコー)検査では、それぞれどのようなことがわかるのでしょうか?今回は、この2つの出生前診断に焦点を当てながら、検査の特徴やメリットについて解説していきます。

超音波検査は出生前診断の一種?

妊婦さんが赤ちゃんの異常について調べる出生前診断は、大きく2つに分かれています。出生前診断にはほぼ確実に病気がわかる確定診断と、病気の可能性を調べる非確定的検査(スクリーニング検査)があります。

確定診断には羊水検査や絨毛検査が含まれ、いずれも母体のお腹に直接針を刺す必要があるため、稀に流産を引き起こすことがあります。

胎児染色体異常や遺伝子異常ついて確定的な診断ができることは利点ですが、やはり負担は大きくなってしまいます。

一方、スクリーニング検査は、エコー写真を使った超音波検査や母体血清マーカーテストのように、超音波や採血という負担の少ない方法で実施できることが特徴です。

スクリーニング検査では、確定診断のように精度は高くありませんが、母体や赤ちゃんへの負担が少ないことが利点です。2018年3月から日本で一般診療化されたNIPT(新型出生前診断)もスクリーニング検査に含まれます。

NIPT(新型出生前診断)と超音波(エコー)検査の違いとは?

NIPT(新型出生前診断)は、母体から少量の血液を採取するだけで実施できる簡便な出生前診断です。

妊婦さんの血液には赤ちゃんのDNA断片が含まれているため、採血による検査で異常を調べることができるのです。

同じように採血という手法を用いた母体血清マーカーテストよりも検査精度が高いため、海外でも承認する国や地域が増えてきています。

一般的なNIPT(新型出生前診断)では、染色体異常の中でも特に発生率が高い21トリソミー(ダウン症候群)の他、13トリソミー(パトー症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)について調べることになります。

超音波検査もスクリーニング検査に該当し、妊婦さんのお腹に超音波を当てて赤ちゃんの形態を診ていきます。この検査で結果を映し出した写真が「エコー写真」と呼ばれています。

ひと言でエコー写真といっても、その種類はさまざまです。平面の画像である2Dのエコー写真、立体的な静止画像となっている3Dエコー写真、動画で立体的に表された4Dエコー写真があります。

エコー写真では、赤ちゃんの形態を診て、成長の様子や健康の状態について確認していきます。形態の異常から染色体異常の可能性を探ることも行われています。一般的な妊婦検診では2Dのエコー写真がよく利用されますが、3Dや4Dのエコー写真では赤ちゃんの表情などもとらえやすくなります。

一般的な妊婦検診で実施する超音波検査の他にも、さらに詳しく検査を行える胎児ドッグという検査もあります。こちらは実施する時期によって初期胎児ドック、中期胎児ドックに分かれています。

NIPT(新型出生前診断)と超音波(エコー)検査、どちらを受けるべき?

NIPT(新型出生前診断)とエコー写真による超音波検査は、どちらもスクリーニング検査になります。どちらの検査が優れているというわけではありませんが、それぞれ違いがあるため、事前によく理解しておくと良いでしょう。

NIPT(新型出生前診断)を受けることができる期間は、妊娠10〜18週目以降であることが一般的です。

エコーを用いた胎児ドックは、初期胎児ドックが妊娠10〜13週、中期胎児ドックが18〜20週の実施とされています。いずれの検査も比較的早い段階から受けられる点は共通しています。

ただ、NIPT(新型出生前診断)とエコー写真を使った超音波検査では実施における制限に違いがあります。一般的なNIPT(新型出生前診断)を受けるにはいくつかの制限を伴うことが多く、検査の対象となるのは35歳以上の妊婦さんとなっています。

さらに、検査する病院での分娩が必須となるケースもあるほどです。

超音波検査には細かな制限がないため、妊婦さんが受けやすいという側面があります。超音波検査の技術は時代とともに高まってきていますが、高い技術を持った医師に検査してもらうと安心でしょう。

あるいは、日本国内でも制限の少ないNIPT(新型出生前診断)が登場しているため、採血での検査を希望される場合は検討してみても良いかもしれません。

NIPT(新型出生前診断)の中でも内容が充実したベリファイ検査とは?

東京の八重洲セムクリニック、大阪の奥野病院では、一般的なNIPT(新型出生前診断)よりも内容が充実したNIPT「ベリファイ」を採用しています。

どのような点が充実しているのかというと、まずは年齢制限がないことが挙げられます。35歳以上という制限はなく採血時に妊娠10週目以降で単胎妊娠また双胎妊娠の妊婦さんであれば、電話で採血の予約をすれば検査を受けることができます。

また、調べることができる染色体異常の種類にも違いがあります。一般的なNIPT(新型出生前診断)ではダウン症候群を含む3つの異常について調べますが、実際には他の染色体に異常が生じる可能性もあります。

八重洲セムクリニックと奥野病院のNIPT「ベリファイ」では、1〜22番の常染色体、性別を決める1対の性染色体を含めたすべての染色体について検査を行うことができます。

さらに、ベリファイを受けた方には、赤ちゃんの性別判定の結果も開示されることになります。一般的なNIPT(新型出生前診断)では性別に関する情報が開示されないため、早い段階から赤ちゃんの性別を知ることができる点もメリットといえます。

NIPT(新型出生前診断)にご興味をお持ちの方は、八重洲セムクリニックと奥野病院のベリファイを検討してみてはいかがでしょうか?

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医