NIPT(新型出生前診断)は赤ちゃんのプライバシーを侵害する?現状の課題とメリットとは

NIPT(新型出生前診断)は「赤ちゃんのプライバシーの侵害」につながるという話を耳にしたことがある方もいるかもしれません。あるいは、検査を受けるにあたって妊婦さんのプライバシーが守られるか不安に感じる方もいるでしょう。

今回は、NIPT(新型出生前診断)の実施に伴うプライバシーについて、課題やメリットを解説します。

NIPT(新型出生前診断)とプライバシーの関係について

日本では2018年3月に一般診療化されたNIPT(新型出生前診断)は、簡便な手法で赤ちゃんの染色体異常について調べることができます。

簡便であるがゆえに、妊娠中に赤ちゃんに異常があるとわかれば、安易な命の選別につながるのではないかという議論もあります。

こうした議論の中で、NIPT(新型出生前診断)のような手法で胎児の異常を調べることは、「赤ちゃんのプライバシーの侵害」につながると表現する人もいます。

とはいえ、NIPT(新型出生前診断)の結果を受けて、最終的に妊娠を継続しないという選択をする方は、赤ちゃんの病気や障害を差別しているのではありません。

染色体異常のある赤ちゃんが生まれた場合、公的な支援を受けることができますが、実際に育てるのは他人ではなく両親になります。経済状況なども含め、個人の事情があるため、それぞれの事情で結論を出していく必要があります。

出生前診断にはさまざまな意見があり、国や地域によっても規制に違いがあります。「赤ちゃんのプライバシー」に関する議論はあるものの、最終的にはご夫婦でじっくり話し合って、検査を受けるかどうか、結果をどう解釈するかを考えることが大切になります。

なぜNIPT(新型出生前診断)は妊婦と赤ちゃんの両方にメリットがある?

赤ちゃんに関するプライバシーの議論がありますが、それでもNIPT(新型出生前診断)を受ける人の数は国内外で増加しています。世界的にもNIPT(新型出生前診断)を承認する国や地域は増えているのです。

NIPT(新型出生前診断)を受けることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

一般的なNIPT(新型出生前診断)の検査では、13トリソミー、18トリソミー、21トリソミーと呼ばれる3つの染色体異常について調べることになります。21トリソミーとは「ダウン症候群」のことであり、この3つの病気は赤ちゃんに生じる染色体異常の約7割を占めるとされています。

13トリソミーは「パトー症候群」といい、赤ちゃんの80%が生後1カ月以内に亡くなり、1歳まで生きることができる子どもは1割といわれています。

18トリソミーは「エドワーズ症候群」といい、流産の可能性が高いとされます。赤ちゃんが出生できたとしても、2カ月以内には約半数が、1年以内には約9割が亡くなると言われています。

NIPT(新型出生前診断)を受けて異常があるとわかった場合、病気の知識をはじめ、赤ちゃんへの対応の仕方を事前に学んでおくことができます。

生まれてから異常があるとわかると、その事実を受け入れるのに時間がかかる方もいますが、検査の結果を受けてゆっくりと気持ちの整理ができるのです。

出生前診断には羊水検査や絨毛検査といった確定診断もありますが、お腹に針を刺すなど負担が加わる検査となります。

羊水や絨毛を採取する過程で流産や感染症のリスクを伴うため、妊婦さんはもちろん、赤ちゃんにとっても負担となってしまいます。そうした負担がないこともNIPT(新型出生前診断)のメリットといえます。

妊婦のプライバシーにも配慮したNIPT(新型出生前診断)とは?

日本国内で受けることができるNIPT(新型出生前診断)の内容は、検査機関によって異なります。一般的には35歳以上という年齢制限があり、調べることができる染色体異常も3つとされています。

しかし、八重洲セムクリニック(東京)、奥野病院(大阪)で行っている「ベリファイ」という名称のNIPT(新型出生前診断)では、年齢制限はありません。

採血時に妊娠10週目以降で単胎妊娠また双胎妊娠の方が対象となります。

ベリファイでも、一般的なNIPT(新型出生前診断)と同じように採血で赤ちゃんの染色体異常を調べます。

1〜22番の常染色体、性別を決める1組の性染色体のすべてについて調べることも可能となる点で、内容が充実しているといえます。さらに、赤ちゃんの性別判定の結果も開示されることが利点です。

NIPT(新型出生前診断)のような検査では、妊婦さんのプライバシーを守ることも大切です。「赤ちゃんのプライバシー」については議論が行われていますが、妊婦さんの情報を守ることも忘れてはなりません。

ベリファイを採用している八重洲セムクリニックと奥野病院では、検査結果に間違いがあったり、採取した血液の検体を取り違えたりした事例は1つもありません。

1名ずつ採血を行い、そこで氏名とIDを記し、専用のボックスに入れて検査機関に輸送します。検査を行う機関でもダブルチェックを行っており、結果はコンピューターが自動で出力するため、誤操作も起きません。

NIPT(新型出生前診断)で陽性という結果が出たら、確定診断のために羊水検査を受けることになります。

八重洲セムクリニックと奥野病院では、ベリファイを受けて陽性の判定だった方に無料で羊水検査を行っています(※大阪:奥野病院にて)。

NIPT(新型出生前診断)と羊水検査を一貫して担当できる体制が整っているため、プライバシーが守られるという側面もあります。

NIPT(新型出生前診断)を受ける機関を選択するときは、このような実績や体制についても確認しておくと安心です。

妊婦さんのプライバシーが守られるNIPT(新型出生前診断)をお探しの場合は、八重洲セムクリニックと奥野病院のベリファイを視野に入れてみてはいかがでしょうか?

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医