NIPT(新型出生前診断)を受けられる条件は?年齢や時期などの制限も解説

NIPTを考えているものの、検査を受けられる条件が分からず困っているという妊婦さんもいるのではないでしょうか?NIPTには、さまざまな制限が設けられているため、希望しても受けられないことがあります。

この記事では、NIPTを受けられる条件について詳しく解説していきます。

一般的なNIPTを受けられる条件とは?

NIPTは、母体から採取した血液を解析することで、妊娠中の胎児に「21トリソミー」「18トリソミー」「13トリソミー」などの染色体異常の疑いがないかどうか、調べることができる検査です。

染色体異常の発生率は、母体年齢が上がるとともに上昇することが分かっており、特に高齢出産を控えた妊婦さんが、NIPTを希望するケースが増えています。

現在日本で行われている一般的なNIPTは、受けられる条件が限られています。

・妊娠10~18週の期間内
・出産予定日時点で妊婦さんの年齢が35歳以上
・夫婦いずれかまたは両方に何らかの染色体異常が見られる
・過去に染色体異常を持つ胎児を妊娠・出産したことがある

こうした条件に当てはまらなければ、NIPTを受けることができません。そのため、検査を希望しても受けられない妊婦さんが大勢います。

また、受けられる条件をクリアしていても、病院側が独自に設けている以下のような条件を併せてクリアしなければなりません。

・NIPTを受ける病院で分娩予定でなければならない
・かかりつけ医からの直接の検査予約および紹介状が必要

本来、希望する妊婦さんがNIPTを受けられることで、万が一、妊娠中の胎児に何らかの染色体異常の疑いがあると分かれば、出産までの時間を有効に活用して、以下のようなさまざまな準備の時間を持つことができます。

・胎児の状態に最適な分娩方法を選択できる
・障害に対する知識や理解を深める時間が持てる
・出生後すぐに治療を開始できるよう医師に相談できる
・将来的な治療費を計算し用意し始められる
・同じような境遇の家族とつながり情報交換ができる

しかし、現在日本で行われている一般的なNIPTは、受けられる条件が厳しいため、希望しても受けられない妊婦さんが多いのが現状です。

ところが、そんな日本において、少ない条件で受けられるNIPTがあるのをご存知でしょうか?

少ない条件で受けられるNIPT「ベリファイ」とは

東京の八重洲セムクリニックと、大阪の奥野病院で提供しているのは、ベリファイというNIPTです。

ベリファイを受けられる条件は「妊娠10週目以降」で、単胎または双胎妊娠の妊婦さんです。

現在日本で行われている一般的なNIPTで制限の要因となっていた、年齢制限、夫婦の染色体異常の有無、過去の出産経験といった条件を気にせず受けられるNIPTです。

また、分娩指定や、かかりつけ医からの直接の検査予約および紹介状なども必要ありません。

「妊娠10週目以降」という条件を満たした、単胎または双胎妊娠の妊婦さんであれば、直接予約をして受けられるNIPTです。

ベリファイには、受けられる条件が少ないというだけでなく「検査の内容が充実している」という特徴もあります。

現在日本で行われている一般的なNIPTは、「21トリソミー」「18トリソミー」「13トリソミー」の3種類の染色体異常についてしか調べることができません。しかし、ベリファイには次の検査があり、内容も異なります。

基本検査

21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーに加えて、モノソミーX(ターナー症候群)やクラインフェルター症候群など、性染色体異常についても調べることができるほか、性別判定も開示してくれます。

全染色体検査

1~22番の常染色体と、性染色体異常の全染色体について調べることができるほか、性別判定を開示してくれます。

微小欠失検査

1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、15q11.2欠失症候群、22q11.2欠失症候群について検査することができます。

なお、国内の一般的なNIPTでは、全染色体検査や性別判定の結果の開示は行っていません。

NIPTを受けられる条件に困ったらベリファイを検討してみるのはひとつの手段として有効

ベリファイの検査精度を21トリソミー(ダウン症候群)の例で見てみると、次のようになります。

母体年齢 陽性的中率 陰性的中率
30歳   94.1%  99.99%
35歳   97.6%  99.99%
40歳   99.3%  99.99%

陽性的中率については、わずかではありますが「偽陽性」の可能性があるため、「陽性」の検査結果が出た場合、羊水検査といった確定診断を受けることになります。

しかし、陰性的中率は年齢帯を問わず、99.99%と非常に高くなっています。

このことから「陰性」の検査結果が出れば、ほぼ安心できる検査であり、1/200~1/300の確率で流産を招くことがある羊水検査を回避できる検査ということが言えます。

万が一、ベリファイを受けて陽性の検査結果が出ても、羊水検査を無料で受けることができますので、経済的な負担を心配することもありません(※大阪:奥野病院にて)。

NIPTを検討している妊婦さん、受けたくても受けられない妊婦さんは、受けられる条件が少なく、かつ検査の内容が充実しているベリファイを検討してみてはいかがでしょうか?