羊水検査で流産する可能性はある?リスクのある検査を避ける方法とは

羊水検査を受けると、流産する可能性があるという話を聞いたことのある方も多いでしょう。羊水検査とはどのような検査で、なぜ流産のリスクを伴うのでしょうか?今回は、羊水検査の概要や、流産との関係について解説していきます。

羊水検査とはどのようなもの?

羊水検査とは、母体の子宮から少量の羊水を採取することで、赤ちゃんの異常を調べる検査のことです。子宮の中の羊水には、赤ちゃんから剥がれ落ちた皮膚や粘膜の細胞が含まれており、それを調べることによって検査する手法となります。

出生前診断には、それだけで診断を確定できる“確定診断”と、診断を確定できない“スクリーニング検査”があります。高い精度で検査を行える羊水検査は前者の確定診断に含まれており、検査結果が陽性であれば、ほぼ確実に赤ちゃんには異常があるということになります。

スクリーニング検査には、超音波検査や母体血清マーカーテスト、NIPT(新型出生前診断)などが含まれます。これらの検査では確かな診断を行うことができませんが、羊水検査と比較すると簡便に実施できるというメリットがあります。

羊水検査で流産する可能性はある?

羊水検査を受ける際には、母体のお腹に針を刺して羊水を採取するため、わずかではあるもののリスクが伴います。流産や破水につながるケースもあれば、感染症を引き起こす可能性もあります。

日本産科婦人科学会の産科ガイドラインでは、300~500人に1人の割合で、羊水検査のために流産するリスクがあるとされています。

赤ちゃんが生まれる前に異常があるとわかれば、出産前からどんな病気なのか、どんな治療が必要なのかを知ることはできます。しかし、羊水検査を受ける前には、流産などのリスクを考慮したうえで検討することが大切といえます。

仮に赤ちゃんに異常があっても、出産するという考えが固まっているときは、あえて流産のリスクを伴う羊水検査を受けないという選択をするご夫婦もいます。検査を受けるかどうか、じっくり話し合って検討してみると良いでしょう。

流産のリスクを減らすならNIPT(新型出生前診断)を受ける手もある

羊水検査を含む確定診断では、流産のリスクを伴うというデメリットがあります。流産のリスクが心配なときは、スクリーニング検査に該当するNIPT(新型出生前診断)を受けるという選択肢もあります。NIPT(新型出生前診断)は、母体の血液を少量採取するだけで実施できるため、流産などのリスクがない検査となっています。

NIPT(新型出生前診断)には、陰性的中率が高いという特徴があり、99. 99%とされています。つまり、陰性という結果だった場合は、その染色体に異常がないという事実をほぼ確実に知ることができるのです。

羊水検査と比較して陽性的中率は低くなるため、仮に“陽性”という結果だったときは、確定診断のために羊水検査を受けることになります。結果次第では羊水検査を受けることになる場合もありますが、リスクのある羊水検査の前にできる検査としては意義があります。

事実、いきなり羊水検査と受けるのではなく、まずはNIPT(新型出生前診断)などのスクリーニング検査を行うことが主流となっています。

八重洲セムクリニックと奥野病院で受けられるベリファイとは?

八重洲セムクリニック(東京)、奥野病院(大阪)が行っているNIPT(新型出生前診断)は、“ベリファイ”という名称です。一般的なNIPT(新型出生前診断)では、35歳以上の妊婦さんが対象となり、さらに検査を行う病院での分娩が必要といった制限が設けられる場合もあります。

しかし、ベリファイではそういった制限がなく、採血時に妊娠10週目以降で単胎妊娠また双胎妊娠の方であれば検査を受けることが可能です。

一般的なNIPT(新型出生前診断)の場合、13番、18番、21番の染色体異常を調べることになります。しかし、実際には1〜22番の常染色体、1対の性染色体があり、どの染色体にも異常が生じる可能性はあります。

ベリファイでは、全染色体を対象とした検査を行うことも可能であり、さらに性別判定の結果も開示されることから、より内容が充実しているといえます。

NIPT(新型出生前診断)を受けるときには、やはりその検査機関が“信頼できるかどうか”も重要なポイントになります。こちらの2つの医療機関では、検査数が5,000件以上であり(※2018年6月末時点)、出生前診断歴が40年以上の産婦人科専門医かつ国際出生前診断学会会員の医師が担当してくれるというメリットもあります。

羊水検査に伴う流産のリスクが気になる方は、その前段階として八重洲セムクリニックと奥野病院が提供しているNIPT(新型出生前診断)ベリファイを検討してみてはいかがでしょうか?

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医