羊水検査はいつから可能?検査の前に受ける出生前診断についてもご紹介

赤ちゃんの異常を調べることができる羊水検査は、いつから行えるのでしょうか?今回は、羊水検査を受ける前に知っておきたい基本情報や、出生前診断の知識をお伝えしていきます。妊娠がわかったら、いつから検査を受けることができるのかを確認しておきましょう。

羊水検査はいつから可能なのか?

出生前診断にはいくつも種類がありますが、妊娠後にいつから受けることができるのか、そのタイミングは検査によって異なります。

羊水検査の場合は、羊水の量が少なく、母体の体調も安定しない妊娠初期の段階では実施することができません。いつから羊水検査を行えるのかというと、“妊娠15~16週以降”であることが一般的となります。

羊水検査では、母体のお腹に針を刺して、羊水の一部を採取します。羊水には赤ちゃんの体から剥がれ落ちた皮膚や粘膜が浮遊しているため、採取した羊水を調べることで、赤ちゃんに由来する細胞を分析できるのです。

羊水検査では、赤ちゃんの遺伝子や染色体について異常を調べることになります。検査の結果は陽性や陰性という形で結果が開示されますが、この結果が出るまでには2週間以上かかることもあります。

陽性の結果だった場合に、妊娠を継続しないという選択をするご夫婦もいますが、手術ができる時期は22週未満と決められています。結果が出るまでの期間を考慮して、妊娠15~18週にかけて羊水検査を行うケースが大半です。

羊水検査をいつから受けられるかということの他には、検査のリスクについても知っておく必要があります。母体に針を刺す点で負担が大きな検査となり、稀に流産や感染症につながることがあるため、この点についても理解しておきましょう。

羊水検査の前に行う出生前診断はいつから受けられる?

出生前診断には、“確定診断”と“スクリーニング検査”の2種類がありますが、高い精度で検査でき、診断を確定させられる羊水検査は前者に含まれます。スクリーニング検査は、確定診断ほど精度は高くありませんが、負担やリスクが少ないという利点があります。

羊水検査ではどうしても体への負担やリスクを伴うため、最初に羊水検査を受けるのではなく、その前段階としてスクリーニング検査を行うケースも多いです。

スクリーニング検査には、超音波検査や母体血清マーカーテストなどが含まれます。こうした検査で陽性の結果が出て、異常の可能性が疑われた場合のみ、羊水検査へ移行することが主流となっています。

特に、近年はNIPT(新型出生前診断)というスクリーニング検査が登場し、母体の血液を採取して調べるだけで、赤ちゃんの異常について比較的高い精度で分析できるようになりました。

羊水検査は妊娠15〜16週から受けることができますが、NIPT(新型出生前診断)はいつから実施できるのか、気になる方もいるでしょう。NIPT(新型出生前診断)の場合は“妊娠10週以降”が検査の対象となるため、羊水検査よりも早いタイミングで検査を行えます。

陽性という結果が出たとしても、その後の対応について時間をかけて検討できることはメリットだといえるでしょう。

NIPT(新型出生前診断)とは?

NIPT(新型出生前診断)では、血液検査だけで赤ちゃんの染色体異常の可能性を調べることが可能です。母体の血液には、赤ちゃんに由来するDNAの断片が浮遊しているため、それを分析していきます。羊水検査でも羊水に浮かぶ赤ちゃんの細胞を調べますが、採血だけで済むという簡便さには利点があるのです。

一般的なNIPT(新型出生前診断)でわかる赤ちゃんの異常は、染色体異常として発生率が高い“ダウン症候群”の他、“パトー症候群”と“エドワーズ症候群”が挙げられます。

この3つの異常を合わせると、赤ちゃんに生じる染色体疾患のうち、約7割になるといわれています。この検査で陽性という結果が出た場合、羊水検査を行って診断を確定させることになります。

NIPT(新型出生前診断)を受けたいとお考えの方は、いつから検査を行えるかということの他に、検査の制限についても知っておきましょう。日本で検査を受ける場合は、35歳以上で出産する方、過去に染色体異常のある赤ちゃんを妊娠したことがある方などの制限を伴うためです。

こうした制限を可能な限りなくした検査機関もあるため、事前に比較検討をしてみてください。

NIPT(新型出生前診断)を受けるならベリファイ検査を検討してみては?

八重洲セムクリニックと奥野病院が行っている “ベリファイ検査”では、年齢などの制限がなく、妊娠10週目の妊婦さんであれば検査を受けることが可能です。5,000件以上の検査実績を誇るため、安心して受けられる点がメリットで、赤ちゃんの性別判定も行ってもらえます。

さらに、一般的なNIPT(新型出生前診断)とは異なり、パトー症候群、エドワーズ症候群、ダウン症候群という3つの病気以外についても、異常を調べることができます。ヒトは1〜22番までの常染色体と1組の性染色体を有していますが、これら全ての染色体について検査を行うことも可能なのです。

羊水検査をいつから受けるべきか迷っていた方は、その前段階として、 ベリファイ検査を検討してみてはいかがでしょうか?