NIPTとは?出産前の準備をしよう

新しい命がお腹に宿ったとき、嬉しいことはもちろんですが、それに伴ってするべきことも沢山あります。妊娠したとき、「子供の健康に異常はないかな?不安だな」と、妊婦さんやそのご家族も不安に思うことがあるでしょう。

NIPTはそんな妊婦さんにぜひ受けていただきたい検査です。今回は、別名「新型出生前診断」とも呼ばれるNIPTについてのお話と、SerenityというNIPTの診断方法についてご紹介します。

NIPTとは?

NIPTとは、別名「新型出生前診断」と呼ばれる検査のことで、正式名称は「無侵襲的出生前遺伝学的検査」といいます。妊婦さん、つまりお母さんの身体から採血を行い、出産前の赤ちゃんの染色体に異常があるかどうかを調べられる画期的な出産前検査なのです。

採血したお母さんの血に含まれているDNAの欠片を集めて分析することで、

  • ダウン症にあたる21トリソミー
  • エドワーズ症候群にあたる18トリソミー
  • パトー症候群にあたる13トリソミー

といった先天性の染色体異常を発見することができる検査です。ちなみに、判定結果は陽性・陰性でわかるようになっています。

これまでNIPTに代わる出生前検査といえば、羊水検査や母体血清マーカーテスト、絨毛検査が主流でした。

しかし、母体血清マーカーテストは精度が低いという問題点があり、羊水検査や絨毛検査はお母さんの腹部に針を指したり、カテーテルを子宮頸部に入れたりするなど、お母さんだけでなく、お腹にいる赤ちゃんにも負担をかけてしまうケースがありました。

さらに、この検査方法は一部の流産やウイルス感染の原因にもなっていたのです。

しかし、今回ご紹介しているNIPTはわずか10ccの少量採血なので、お母さんや赤ちゃんにも負担をかけずに検査することが可能という素晴らしい特徴があります。

さらにNIPTは以前の検査方法と比べて高精度で、陰性結果の的中率は99.99%となっており、検査結果が陰性だった場合は、「99.99%の確率で染色体異常ではない」と考えることができます。

NIPTは確定診断ではありませんが、結果通りの可能性は従来の方法よりずっと高めなので、出産前に行う検査としては最良の選択だと言えるでしょう。

現日本国内のNIPTの条件や規定は?

ここで、現在日本国内で受けることができる一般的なNIPTの条件や規定を見ていきます。

年齢制限がある

現時点での日本国内で取り扱われているNIPTのほとんどは、受けるにあたり厳しい条件があります。年齢制限も設けられており、出産予定日時点で35歳以上であることが条件になります。

時期制限がある

妊娠10週~18週の期間内であることも条件のひとつで、検査結果が出るまでは大体2週間程度かかります。

他にも

  • 妊婦か配偶者に染色体異常があること
  • 過去に染色体異常の赤ちゃんの妊娠、出産経験があること

といった条件が設けられているケースもあります。さらに一般的なNIPTは、最初にお話した、

  • ダウン症の21トリソミー
  • エドワーズ症候群の18トリソミー
  • パトー症候群の13トリソミー

の3種類の染色体しか検査することができず、その他の染色体に異常があったとしても分からないという難点があります。NIPTでは性別も判定できますが、日本では開示していないため、女の子か男の子かは生まれるまでのお楽しみとなります。

八重洲セムクリニックと奥野病院のNIPTはSerenity を採用

ここから、八重洲セムクリニックと奥野病院が採用しているSerenity についてお話していきます。現在の日本国内ではさまざまな制限があるNIPTですが、八重洲セムクリニックと奥野病院では年齢制限や条件の設けられていないSerenity basicまたはSerenity24というNIPTを採用しています。

特にSerenity24は、八重洲セムクリニッと奥野病院だけが提供している全染色体検査であり、1番から22番までの常染色体および性染色体の全染色体異常を詳しく調べることができます。

Serenity basicまたはSerenity24という方法のNIPTは、イギリスのCooper Genomics(クーパーゲノミクス)社のNIPTであり、安全性も精度の高さも正式に認可されているものですので、安心して受けることができます。

どちらの検査方法も従来のNIPTとは違い、

  • 妊娠10週以上なら年齢制限なしで受けられる
  • 先述した3種類の染色体異常検査に加え、ターナー症候群にあたるモノソミーXの染色体異常も検査可能
  • 性別判定ができる
  • 約10日後に検査結果が分かる

といった、たくさんのメリットがあるのです。さらに検査結果で陽性が出た場合、羊水検査を無料で受けることも可能です。

NIPTはその他の検査方法とは違い、お母さんやお腹の赤ちゃんへの負担も少なく、安全性や精度の面でも画期的に向上しています。

しかし受けられる人が限られることや時間がかかることなど、多くの問題点が残っていました。それらを解消し、より快適に受けられるように改善されたNIPTこそが、Serenity basicまたはSerenity24なのです。

生まれてくる赤ちゃんのためにもNIPTを検討してみては?

NIPTは治療できる先天性の染色体異常を早めに発見することで、余裕を持って、生まれてくる命に対応することができる画期的な検査方法です。

欧米ではNIPTは非常に普及しており、60%の妊婦さんが受けていますが、日本でNIPTを受ける妊婦さんはたったの2%程度といわれており、まだまだ浸透していないのが現状なのです。

NIPTは命を授かったお母さんのためだけでなく、これから生まれてくる赤ちゃんのためにも受けた方が良い検査だと言えます。NIPTを実施することで、妊娠中の不安やストレスが減り、生まれてくる赤ちゃんを迎える準備も満足に出来るのではないでしょうか。

お腹の中の赤ちゃんの健康に不安を感じているのであれば、ぜひお気軽にご相談いただき、NIPTをご検討されてはいかがでしょうか。

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医