出生前診断の結果次第で人工妊娠中絶を選択することについて

高齢出産のリスクのひとつに「染色体異常」があります。出生前に胎児になんらかの染色体異常の可能性がないかどうかを調べることができる出生前診断や新型出生前診断という検査がありますが、出生前診断の検査結果によって人工中絶を選択する方も少なくありません。

人にはさまざまな状況や背景、価値観などがありますので「どちらが良い」ということは言えませんが、今回は出生前診断を受けた結果による人工中絶について少し考えてみたいと思います。

なお、本記事は現状をお伝えするものであり、人工妊娠中絶を推奨するものではございませんのでご了承ください。

出生前診断・新型出生前診断の本来の意味は?人工妊娠中絶率はどれくらい?

妊娠中の胎児になんらかの染色体異常の可能性がないか調べる出生前診断は、確定的ではないけれど母体や胎児に負担が少なく流産などのリスクも低い「スクリーニング検査」と、母体や胎児にある程度負担があり流産などのリスクも高いが検査結果はほぼ100%といえる「確定診断」があります。

また、2013年より日本でも開始された「新型出生前診断」は母体から血液を採取するだけの検査で、21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの可能性について調べることができます。

最も母体や胎児への負担が少なく、また「母体血清マーカーテスト」などの出生前診断よりも感度・特異度から見る検査の精度が高いことから「新型」と付けて区別されています。

検査結果で「陽性」だった場合、その診断を確定させるための「羊水検査」や「絨毛検査」などを行うことになります。

出生前診断や新型出生前診断の結果を受けて、羊水検査などを行ったのち診断が確定すると、胎児はなんらかの異常を持って産まれてくることはほぼ間違いないと言えます。

本来、出生前診断などを行う目的としては、出生前になんらかの染色体異常などが発見されることで、

「最適な分娩方法を選択することができるようになる」
「出生後の成育環境を整えるための準備をする」
「両親としての心の準備ができる」
「同じ境遇にある方と繋がり情報収拾や助け合いができる」
「出生後早期に治療を開始するための準備ができる」

といったことにあります。

しかし、現実的には出生前診断の後に人工妊娠中絶を選択するケースが多くなっています。

NIPTコンソーシアムが新型出生前診断で調べることができる、

21トリソミー(ダウン症候群)
18トリソミー(エドワーズ症候群)
13トリソミー(パトー症候群)

において陽性反応が出た469人について、その後の実績を調査した結果を例に挙げてみると、

・羊水検査を実施して異常がなかった…35人
・流産や死産だった…73人
・その後が不明…15人

で、残り346人のうち、人工妊娠中絶を選択したのは334人にのぼります。これは「妊娠を継続するかどうか選択できるケース(346人)」のおよそ96.5%に値します(染色体異常があるとわかっても妊娠を継続したのは残った12人です)。

つまりほとんどの妊婦が出生前診断の結果が陽性だった場合、人工妊娠中絶を希望したということになります。

出生前診断を受ける時期によっては中絶を選択できないケースもある

母体血清マーカーテストは妊娠15~20週、新型出生前診断は妊娠10~18週などのように受けることができる時期が決められています。

この期間内に検査を受けなければならないことや、母体保護法において中絶が可能な時期は「妊娠22週未満(妊娠21週6日)まで」と決められていることなどから、なんらかの異常がわかっても中絶を選択できないケースもあります。

特に感度や精度が高く近年注目を浴びている新型出生前診断においては、検査を実施できる施設も少なく、

・出産予定日時点で妊婦が35歳以上
・妊婦または配偶者に染色体異常が見られる
・過去に染色体異常の胎児を妊娠または出産した

などの条件があることや、病院独自に「その病院で分娩予定であること」や「かかりつけ医がいる場合、その医師から直接検査予約が必要でかつ紹介状の用意をすること」などの厳しい条件があり、検査を希望するすべての妊婦が受けられるというものではないのが現状です。

ですが、それらの厳しい条件を心配する必要のない画期的な検査方法を取り扱っているクリニックもあります。


東京の八重洲セムクリニックと大阪の奥野病院が採用している新型出生前診断“Serenity basic”および“Serenity24”は、検査を受けるための条件が「妊娠10週以上」のみなので、希望する妊婦は年齢制限なく受けることが可能です。

*出生前診断の結果、中絶を希望される場合は、大阪の奥野病院にて手術の対応が可能です。

“Serenity basic”および“Serenity24”の詳しい内容や費用などについてはこちらのサイトをご覧ください。

https://genesis-nipt.com/wp/

大切なことは「命の尊厳」を忘れないということ

今回は出生前診断と中絶という難しい問題に関するお話でした。

出生前診断や新型出生前診断を受けて陽性の結果が出た場合、妊娠を継続するか、中止するかの判断は常にさまざまな議論を巻き起こします。

ですが、人それぞれ状況や考え方などが異なりますので一概に「何が良い」ということは言えません。

事実、ヨーロッパ諸国でも出生前診断の結果を受けての中絶率はイギリス76%、フランス96%、デンマーク86%などと高いのが現実です。

配偶者や家族、医師などとよく相談して最終的に選択することになると思いますが、いずれにおいても大切なことは、命の尊厳を忘れずに胸に持ち続けるということではないでしょうか。

産婦人科医 奥野幸彦 院長

医師監修:産婦人科医 奥野幸彦 院長

自己紹介

産婦人科医としてこれまで多くの相談を受ける中で、妊婦の方々がご出産までの約10ヶ間様々な不安な気持ちを抱えていることを知りました。そんな不安が少しでも減るように日々の治療・検査を通して妊婦の方々に向き合っていきます。

略歴

  • 1977年 大阪大学 医学部卒業
  • 1977年-1985年 大学病院・市民病院・救急病院などで勤務
  • 1986年 産婦人科・外科・内科を備える奥野病院を開院
  • 2000年 ジェンダークリニックを開院
  • 2017年 八重洲セムクリニックを開院

保有資格等

  • 日本医師会 認定産業医
  • 国際出生前診断学会会員
  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医