大阪で受けることができる「年齢制限」がない新型出生前診断“ベリファイ”

お腹の中の赤ちゃんに先天的な障害や、病気があるか調べる新型出生前診断(NIPT)。

今までの検査と比べ、精度が高くかつ安全性が高いため、希望者が急増しています。

しかし一般的に、新型出生前診断は「出産予定日時点で妊婦の年齢が35歳以上」という条件があるため、希望する妊婦さん全員が受検できる訳ではありません。

今回は、大阪で受けられる、年齢制限がない新型出生前診断、「ベリファイ」をご紹介します。

大阪で新型出生前診断を受けるには

大阪では、日本産科婦人科学会が認定した施設でNIPTを受けられます。

出生前診断先進国と言われているイギリスでは、すべての妊婦に出生前診断を受けることが求められています。

しかし日本では、本検査を行う対象は客観的な理由を有する妊婦に限るべきである。と考えられており、検査を受けられる妊婦さんは、以下の条件のいずれかに当てはまる方に限定されています。

  • 高齢の妊婦(出産予定日時点で妊婦が35歳以上)。
  • 妊婦または配偶者に染色体異常(ロバートソン転座)が見られる。
  • 過去に染色体異常の胎児を妊娠したり出産したりした経験がある。

35歳以下の妊婦さんが検査を受けられないのは、この条件に当てはまらないためです。

他にも、病院が独自に条件を設けているケースも少なくありません。たとえば、

  • 検査を受ける病院で分娩する予定であること。
  • かかりつけ医がいる場合、医師から直接の検査予約と、紹介状を用意する必要があること。
  • 遺伝カウンセリングを夫婦揃って2回受診すること

35歳という年齢制限がなかったとしても、検査を受けられない可能性もあります。

他にも、遺伝カウンセラー不足が原因で、予約が2ヶ月後と言われたという声も。

大阪府内で新型出生前診断を受けるハードルはかなり高いと言えるでしょう。

年齢制限を設けたことで起きている問題

学会の指針は、カウンセリング体制も含め重要な指針です。

しかしながら、この検査を受けたくても受けることができない妊婦さんが多く存在していることも問題です。

そういった妊婦さんは、流産のリスクがある羊水検査を受けるか、精度の低い母体血清マーカ―テストを受ける選択肢しか用意されていません。

胎児に染色体異常の可能性があるか出生前に知っておくことで、事前に準備ができます。

  • 両親としての心の準備をする時間が十分に持てる。
  • 出生後にすぐに治療に取りかかれるよう準備ができる。
  • 出生後どのように育てていくかをじっくり考えることができる。
  • 染色体異常について調べて正しい知識を身につけることができる。
  • 同じような境遇の方と繋がり情報交換や心構えなどを学ぶことができる。

34歳以下の妊婦さんには、染色体異常が起きないとは言い切れませんし、不安な気持ちに年齢は関係ありませんよね。

検査を希望する妊婦さんに、選択肢が必要であると考えています。

大阪で受けられる「年齢制限」がない新型出生前診断ベリファイとは?

検査を受けられない34歳以下の妊婦さんのために、大阪の奥野病院では、年齢制限なしでベリファイを実施しています。

ベリファイとは?ベリファイの特徴

ベリファイは、アメリカのベリナタヘルス社が提供しています。

世界最大の遺伝子解析会社のイルミナ社の完全子会社で、NIPTについて世界的なシェアを持っています。

一般的な新型出生前診断では、3種類の基本的な染色体異常しか検査することができません。

  • 21トリソミー(ダウン症候群)
  • 18トリソミー(エドワーズ症候群)
  • 13トリソミー(パトー症候群)

一方ベリファイは、上記3つの染色体異常に加えて以下の項目も検査できます。

  • 性別
  • 性染色体異常(モノソミーX,XXX症候群)
  • 微小欠失症候群 (5p欠失症候群,15q11.2欠失症候群,1p36欠失症候群,22q11.2欠失症候群,4p欠失症候群)

豊富な検査項目と、検査精度の高さがベリファイの特徴です。

奥野病院の特徴

妊娠10週以降であれば、検査ができ、病院独自の条件はありません。

10週以降であれば、検査に利用する「セルフリーDNA」が体に十分に流れるので検査精度に影響はありません。

1回の来院でカウンセリングと採血が受けられ、紹介状も必要ないので、忙しいご夫婦や、つわりが辛い妊婦さんもご安心ください。

産婦人科専門医がNIPTを担当するため、サポートも充実しています。

  • 専門医からカウンセリングや説明を受けられる
  • わからないこと不安なことがあれば直接質問できる
  • 羊水検査を同院で無料で受けられる
  • 年齢制限のないNIPTを提供している病院は増えていますが、

    NIPT〜陽性後のサポートまで一貫して全て行なっているのは、大阪の奥野病院と東京の八重洲セムクリニックしかありません。

    多くの妊婦さんに選ばれ続け、最新の検査実績は7,000件以上。

    WEBから予約の空き状況をリアルタイムで確認できますので、まずは予約をご確認ください。

    大阪で年齢制限のない新型出生前診断を受ける方法まとめ

    いかがでしたか?

    先ほども触れましたが、新型出生前診断を受けることで、事前に準備ができます。

    妊娠や出産についてお悩みの方、迷われている方は奥野病院の新型出生前診断を検討してみることをおすすめします。