CATEGORY

NIPTコラム

体外受精とは?先天的障害の可能性やリスク、着床前診断について解説!

世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生してから、40年以上が経ちました。妊娠を希望する夫婦が1年間以上避妊なしで性行為を試みても妊娠しない不妊症。そんな不妊に悩む夫婦にとって妊娠率が高いと言われている体外受精はとても魅力的です。 しかし不妊治療を考えたことがある人は、誰しも最初に「人の手を加えた不妊治療による妊娠は安全なのか?」と疑問に思うでしょう。どれだけ妊娠率が高くても、母子が一生涯健康に暮 […]

高齢出産で初産のリスクとは?母体と胎児に起こる考えられる危険性

日本では35歳以上で出産する場合を、高齢出産と定めています。しかし仕事を持つ女性も多く、40代での初産も増加傾向にあります。女性の年齢が上がるとなぜ妊娠が難しくなるのか、また出産にどのようなリスクがあるのか知らない人も少なくありません。 高齢出産で起こりうる危険性について詳しく解説します。 高齢出産(高齢初産)は何歳から? 現在、日本産科婦人科学会で定められている高齢出産の年齢は35歳です。出産時 […]

3人目は高齢出産に。障害や流産などのリスク、経済的な負担など産む前に知っておくべきことは?

働きながら結婚して、子どもを出産した人は、三人目の妊娠で出産時の年齢が35歳以上となり高齢出産になることもよくあります。最初の二人の子どもと年齢が離れている場合、三人目を産むかどうかを悩む人も少なくありません。 高齢出産は今までの出産とどこが違うのか、メリットやデメリット、リスクについて詳しく紹介します。 高齢出産とは 少子化問題が深刻化していますが、女性の社会進出により晩婚化が進み、出産年齢も高 […]

胎児奇形の原因を解説!元気な赤ちゃんを産むために気をつけること

胎児の身体にかたちの異常があることを胎児奇形と言います。顔や手足のかたちに異常がある外表奇形、心臓や腎臓などの内臓のかたちに異常がある内臓奇形があります。 胎児の奇形の原因は、感染要因、環境的要因、遺伝的要因の大きく分けて3つです。奇形の原因となる要因の中には、気をつけることでリスクを低くすることができるものもあります。 この記事ではそれぞれの要因の内容とどのようにすると奇形のリスクを軽減すること […]

出生前診断に関わる法律とは?人工妊娠中絶に関する日本の実情を解説

出生前診断に関わる法律問題としてよく取り上げられるものに刑法の「堕胎」と「母体保護法」があります。 現在、障害や疾患など胎児の状態を理由に妊娠中断をすることは法的には認められていません。しかし、日本での人工中絶手術件数は年間20万件前後にもなります。 「命の選別になるのでは?」と倫理的問題としてしばしば取り上げられる出生前診断について、法律ではどのような定義がなされているのでしょうか。今回は人工妊 […]

高齢出産でおこりやすい赤ちゃんの障害とは?原因と対策について

女性の社会進出が盛んになり、結婚しても仕事を続けるなど、社会の変化が高齢出産に与えている影響は少なくありません。女性が35歳以上で出産する「高齢出産」。高齢出産と聞くと難産や先天性障害の心配など漠然として不安を感じる方もいるのではないでしょうか。実際に高齢出産では、障害のある赤ちゃんが産まれる確率が高くなるといわれています。 今回は、高齢出産に関する先天性障害などのリスクと原因、胎児への影響を事前 […]

母体血清マーカー検査のクアトロテストとは?

クアトロテストは母体血清マーカー検査のうちのひとつで、妊娠中に胎児の健康状態や疾患について調べる出生前診断検査です。クアトロテストでは妊婦さんの血液を採取し血液中に含まれる特定の4つの成分を調べることで、21トリソミー(ダウン症)、18トリソミー、開放性神経管奇形であるかどうかの確率を調べることができます。 今回は母体血清マーカー検査のクアトロテストについて説明します。 母体血清マーカー検査のクア […]

<産婦人科医監修>初マタさん必見!知っておくべき6つの出生前診断とは?

胎児に先天異常があるかどうかを調べる検査を、「出生前診断」や「出生前検査」といいます。(「出生前診断」の読み方は、「しゅっせいぜんしんだん」もしくは「しゅっしょうまえしんだん」です。) 出生前診断には、主に6つの方法があり、病院によってどの検査を実施しているかは違います。 そして、それぞれの方法に特徴があります。 「スクリーニング」は、幅広い妊婦さんに検査を行って、陽性の結果が出たらより詳しい検査 […]

高齢出産のリスクとは?知っておきたい高齢出産の実態とリスクを下げる方法

さまざまなリスクがあるといわれている高齢出産。 35歳以上で出産することを高齢出産に該当し、2016年の調査では生まれた赤ちゃんのうち、およそ30%が高齢出産に該当しています。 1980年代と比べると、80年代には第1子出産時の年齢は平均でおよそ26歳でしたが、2015年ではおよそ30歳と出産の高齢化は進んでいます。 この記事では、高齢出産には実際にリスクがあるのか、どのようなリスクがあるのか、ま […]

妊娠11週〜13週で実施できる出生前検査、コンバインド検査とは?

コンバインド(組み合わせ)検査とは妊娠11週0日〜13週6日のあいだに行われる、精密超音波検査(エコー)と母体血清マーカー検査をの2つを組み合わせて胎児に21トリソミー(ダウン症候群)や18トリソミー(エドワーズ症候群)の染色体疾患があるかどうかを調べる出生前検査です。 出生前検査のうちNIPTと同じく結果が出てもそれがそのまま確定診断にならない検査であり、結果によって絨毛検査や羊水検査を受けて確 […]

絨毛検査とは?検査方法と費用・羊水検査との違いについて解説

絨毛検査とは妊娠早期に行われる出生前診断のひとつです。 胎盤の一部である絨毛を経腹的・経膣的に採取して調べることで胎児の染色体異常や遺伝子疾患が見られるかどうかを診断します。 絨毛検査は確定診断のため、NIPTで陽性結果となったり、超音波検査で胎児に明らかな異常が見られたり、胎児に見られる特定の遺伝子疾患の診断を行ったりするときに検査が行われます。 今回はこの絨毛検査について解説していきましょう。 […]

羊水検査とは?検査時期や検査内容・費用について解説

羊水検査はすべての妊婦さんが受ける検査ではなく、必要な条件がそろった上で妊婦さんや夫・パートナーの希望によって実施されます。原則妊娠15週以降に妊婦さんのお腹の上から針を刺して子宮の中を満たしている羊水を採取します。 NIPTやクワトロテスト(母体血清マーカー検査)などで陽性の結果が出た場合に、より確定的な検査結果を求めるときに羊水検査を受けることがあります。しかし羊水検査は必ずしも受けなければな […]

妊婦検診での血液検査とは?検査内容と費用・注意点について解説

妊婦検診では、妊娠が順調に経過しているかを調べます。 妊娠がきっかけで健康状態が変化することがあり、胎児や母体のリスクになることもあるので、体調に問題ないと感じている場合でも検診が必要です。 妊婦検診には厚生労働省が決めている標準的な検診の流れがあり、医師の診察や超音波(エコー)検査のほかに、血液検査も行います。 このコラムでは、妊婦検診で受ける血液検査について、検査項目の意味や見方、費用を解説し […]

妊婦検診の頻度と検査内容、検査費用について解説

妊娠が確定すると、妊婦と赤ちゃんの状態を観察するために定期的に通院する機会が多くなります。 その中で妊婦検診の頻度や検査の内容や費用について疑問に思った方も多いのではないでしょうか? 検査の内容や費用は、通院する病院や居住地によっても異なってきます。この記事では妊婦検診の頻度や内容、1回の検診でかかる費用について解説していきます。 妊婦検診とは? 妊婦検診は、正式には妊婦健康診査と言います。妊娠成 […]

妊婦は予防接種は受けていいのか?妊娠中に受けてはいけない予防接種とは?

妊娠中はとくに、感染症の予防が重要です。 妊婦さんが感染症にかかると、流産のリスクや、胎児に障害が残るリスク、妊婦さん自身の症状が重症になってしまうリスクが高まります。 そのため感染症の予防のために、予防接種(ワクチンの接種)を受けることが推奨されています。 予防接種にはいろいろな種類があり、妊娠中に接種しても問題ないワクチンと、接種を控えるべきワクチンがあるので注意が必要です。 このコラムでは、 […]

血液検査のみで行う3種類の出生前診断について解説

近年女性の晩婚化に伴い出産年齢の高齢化が進んでいます。妊婦さんの年齢が上がると胎児の染色体に異常が多くなることも分かっており、そのために出生前診断を受ける妊婦さんが増えてきているのが現状です。 出生前診断と聞くとどんな検査をするのか、痛みや流産などのリスクがある検査なのかなど不安に思うこともありますよね。 実は出生前診断には血液検査だけで診断できるものもあり妊婦さんや胎児にリスクを与えることなく実 […]

【NIPT陽性が出たら?】NIPT結果の見方と陽性の解釈の仕方

NIPTは胎児の染色体の数の異常を検査する方法であり、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトー症候群)や他の常染色体、性染色体、さらに微小欠失症候群などを比較的高い精度で検出することが可能です。 結果は陰性・陽性・判定保留のいずれかで出ますが、気になるのが陽性や判定保留の結果が出た時に、結果をどう解釈すればいいのかということです。 今回はNIPTの […]

NIPTの検査はだれでも受けられる?条件はある?

NIPT(新型出生前診断)とは、子どもが生まれてくる前に「その子が特定の染色体疾患をもっているかどうか」を調べられる検査です。 いろいろな種類がある「出生前診断」のうちの、1つの方法がNIPT。 NIPTでわかる染色体疾患は、「ダウン症候群(21トリソミー)、エドワーズ症候群(18トリソミー)、パトー症候群(13トリソミー)」です。 このコラムでは、NIPTを受ける際の適応条件についてご紹介します […]

NIPTとはどのような検査なのか?検査方法や検査でわかることについて解説

NIPT(エヌアイピーティーまたはニプト)とは「non-invasive prenatal genetic testing」の略で、直訳すると「無侵襲的出生前遺伝学的検査」となります。 学術的には「母体血を用いた出生前遺伝学的検査」と呼ばれ、一般的には通称として「新型出生前診断(しんがたしゅっせいまえしんだん)」と呼ばれます。検査の精度が高いため、これまで行われてきた出生前診断と比べて「新型」と言 […]

NIPT結果が陰性の意味とは?偽陰性の可能性は?

NIPT(non-invasive prenatal genetic testing、新型出生前診断)とは、2013年に臨床研究として運用が開始された、新しい出生前診断(出生前検査、出生前遺伝学的検査)です。 NIPTを受けると約1〜2週間後に結果を知ることができますが、結果は原則的には「陽性」または「陰性」ごくまれに「判定保留」のいずれかで返ってきます。 国内の認定施設でのNIPTの実績によると […]