CATEGORY

NIPTコラム

高齢出産が増えている今、出生前診断を受けて赤ちゃんの染色体異常について調べておきたいというご夫婦は増えています。近年、「新型出生前診断(NIPT)」が注目を集めていますが、どのような検査なのでしょうか? 今回は、検査の費用や条件、わかる病気などをわかりやすくお伝えしていきます。新型出生前診断(NIPT)にご興味をお持ちの方は、ぜひご一読ください。 新型出生前診断(NIPT)とはどんな検査? 新型出 […]

30代や40代での出産が増えている今、赤ちゃんの染色体異常を調べるNIPT(新型出生前診断)が注目を集めています。検査にご興味があっても、実施機関や実績の具体的な件数についてはわからないという方も多いでしょう。 今回は具体的な件数に関する情報とともに、NIPT(新型出生前診断)について解説していきます。 そもそもNIPT(新型出生前診断)とはどういうもの? NIPT(新型出生前診断)とは、妊娠中に […]

NIPT(新型出生前診断)の検査結果は「陽性」「陰性」で通知されます。そのうち、「陽性」と判定された胎児の中には「偽陽性」のケースも含まれます。a NIPTでそもそも「偽陽性」とはどういうことなのか、「偽陽性」になる確率はどれくらいなのかを解説するとともに、より検査精度が高く「偽陽性」の確率が低くなるNIPTをご紹介します。 そもそもNIPTにおける偽陽性とはどういうこと? 「偽陽性」とは、障害が […]

NIPT(新型出生前診断)は、国によってさまざまな違いがあります。この記事では、外国のNIPTを含めた出生前診断を取り巻く事情や、外国と日本との違いを解説するとともに、日本で受けられる外国のNIPTもご紹介していきます。 外国のNIPTを含めた出生前診断を取り巻く事情は? NIPT(新型出生前診断)とは、母体から採血した血液成分を分析することで、妊娠中の胎児に「21トリソミー(ダウン症候群)」「1 […]

NIPT(新型出生前診断)を受ける前に実施が求められている遺伝カウンセリングとは、いったいどのような内容のカウンセリングなのでしょうか? NIPTの遺伝カウンセリングの内容や、その重要性を解説するとともに、遺伝カウンセリングも含めたサポート体制が充実しているNIPTを紹介します。 NIPTを実施する前後には、遺伝カウンセリングを受けるのが一般的 NIPT(新型出生前診断)とは、母体から採血した血液 […]

  NIPT(新型出生前診断)では赤ちゃんの染色体異常の可能性について調べることができます。一般的に染色体異常といえばダウン症候群がよく知られていますが、パトー症候群という病気もあります。今回は、パトー症候群とはどんな病気なのか、発生率や生存率の情報とともにお伝えしていきます。 パトー症候群の発生率や生存率が知りたい! ヒトの染色体には、22組の常染色体と、1組の性染色体があります。常染色体には1 […]

  2018年3月に一般診療化が発表され、今後実施する病院や施設が増えてくることが期待されているNIPT(新型出生前診断)。受けるにはどのタイミングがベストなのでしょうか?タイミングによっては受けられない時期があることなども交えて解説します。(※なお、人工中絶についても触れていますが、この記事は人工中絶を推奨するものではありません。あくまで客観的事実のみを記載しています) NIPTを受けることがで […]

NIPT(新型出生前診断)を受けると染色体異常について調べることができます。診断できる病気としてはダウン症候群などがよく知られていますが、“エドワーズ症候群”の可能性を調べることも可能です。 今回は、エドワーズ症候群とはどんな病気なのか、具体的な検査の内容とあわせて解説します。 そもそもエドワーズ症候群って何? ヒトの染色体は全部で46本あり、22対(44本)の常染色体と、1対(2本)の性染色体に […]

妊娠中の胎児が健康に育っているかどうか、妊婦さんなら誰もが気になるところです。実際のところ、40代でNIPT(新型出生前診断)を受けた場合、精度はどれくらいになるのでしょうか。 40代の妊婦さんにぜひチェックしていただきたいNIPT“ベリファイ”の紹介とともに解説します。 40代でNIPTを受けた場合、その検査精度は? NIPT(新型出生前診断)は、母体から採血した血液成分を分析することで、妊娠中 […]

30代で出産する女性は増えていますが、いつから“高齢出産”に該当するのでしょうか?30代、40代と年齢を重ねるごとに、出産のリスクは高まっていくものです。 今回は、妊娠や出産にあたりご不安を抱えている30代の方のために、NIPT(新型出生前診断)の特徴についてご紹介します。 何歳からが高齢出産?高齢出産に伴うリスクとは “高齢初産”は35歳以上で初めて出産を経験する場合と定義されていますが、“高齢 […]

赤ちゃんの染色体異常について調べることができるNIPT(新型出生前診断)。妊娠10週目よりも前の段階では検査を受けることはできません。今回は、実施条件が妊娠10週目以降とされている理由を含め、NIPT(新型出生前診断)の特徴をお伝えしていきます。 NIPT(新型出生前診断)の検査が可能なのは10週以降から? 一般的にNIPT(新型出生前診断)を受けることができる期間は、妊娠10週〜18週と制限され […]

高齢出産を控えた妊婦さんがNIPT(新型出生前診断)を受けるケースが増えています。しかしながら、NIPTは、高齢出産を控えた妊婦さんしか受けることができないのでしょうか?また、なぜ高齢出産を控えた妊婦さんに推奨されるのでしょうか? その理由を解説するとともに、高齢出産かどうかに関わらず受けられるNIPTを紹介していきます。 NIPTは高齢出産を控えた妊婦さんだけが受けられる検査?その理由は? 高齢 […]

高齢出産が増えている今、NIPT(新型出生前診断)にご興味をお持ちの方は多いことでしょう。妊娠中に赤ちゃんの染色体異常について知ることができれば、安心感や心の準備につながるものです。 今回は、実際に検査を受ける人の割合はどのくらいかを解説していきます。 どういう人がNIPT(新型出生前診断)を受けることを選ぶのか? NIPT(新型出生前診断)を受ける人には、どのような傾向があるのでしょうか?検査を […]

今注目を集めているNIPT(新型出生前診断)は、何歳から受けられるのでしょうか?一般的なNIPTには年齢制限がありますが、何歳からでも受けられる検査も存在します。 今回はNIPT(新型出生前診断)の概要や、何歳からでも実施可能な検査についてご紹介します。 NIPT(新型出生前診断)とは何か? 出生前診断とは、赤ちゃんが生まれる前に遺伝性の病気や染色体異常を調べる検査のことをいいます。従来から、羊水 […]

「生まれてくる赤ちゃんに病気はないだろうか?」という不安な気持ちを抱えたまま過ごす妊婦さんは少なくありません。今注目を集めているNIPT(新型出生前診断)は、簡易的な方法でありながら、検査結果によってわかる病気があります。今回はNIPTでわかる病気について解説していきます NIPT(新型出生前診断)で検査してわかる病気とはどんなもの? 生まれてくる赤ちゃんの病気や障害については、染色体検査で調べる […]

日本でも少しずつNIPT(新型出生前診断)の認知度や理解度が高まってきました。 この記事では、NIPTで分かる障害について触れています。具体的にどのような障害が分かるのか、検査結果はどう捉えれば良いのかを解説していきますので、検査対象が広いNIPTの紹介と併せて、ぜひ参考にしてください。 NIPTで分かる障害とは? NIPT(新型出生前診断)は、母体から採血した血液を分析することで、妊娠中の胎児に […]

出生前診断の中には、流産などのリスクを伴う検査もあります。しかし、今注目を集めているNIPT(新型出生前診断)はリスクが少なく、精度が高いことが魅力といわれています。 今回はNIPTのリスクに関する情報を含め、考えられるメリットとデメリットをお伝えしていきます。 そもそもNIPT(新型出生前診断)とはどんなもの? 今注目されているNIPT(新型出生前診断)は、母体の血液を採取して、胎児の染色体異常 […]

高齢出産が増えている今、簡単に赤ちゃんの染色体異常を調べることができる“NIPT(新型出生前診断)”が注目を集めています。妊娠中、検査はいつまで受けられるのでしょうか?今回は、検査を受けることができる時期や条件についてご紹介していきます。 NIPT(新型出生前診断)は受けられる時期はいつまで? NIPT(新型出生前診断)では母体から血液を採取し、そこに含まれる胎児のDNAを分析することで、染色体異 […]

日本では2018年3月より一般診療化され、少しずつ認知度が広がり始めたNIPTですが、アメリカではどの程度、普及しているのでしょうか?日本とアメリカのNIPTの違いなども交えながら解説するとともに、日本で唯一行われているNIPTもご紹介します。 NIPTとは?アメリカと日本における違いとは? NIPT(新型出生前診断)は、母体から採血した血液を分析することで、妊娠中の胎児に「21トリソミー(ダウン […]

NIPT(新型出生前診断)を希望する妊婦さんが増えています。しかし、現在日本で採用されている一般的なNIPTには、検査を受けることができる期間が制限されているケースが少なくありません。 この記事では、NIPTは何週から何週まで受けられるのかを解説するとともに、10週以上なら何週かを気にせず受けられるNIPTも紹介します。 NIPTは何週から何週まで可能? 現在日本で採用されている一般的なNIPTは […]