特長|新型出生前診断(NIPT)

新型出生前診断(NIPT) の特長

当院のみの5つの安心ポイント

多くの実績
2016年より年齢制限のないNIPTを提供し、
日本国内のみでNIPT総検査数5000件を超える実績をもつ専門医療機関

当院は日本で初めて、年齢制限のないNIPT(2016年開始)、全染色体検査(2017年提供開始)及び微小欠検査(2018年提供開始)を提供した医療機関です。
その為、日本国内の医療機関として総検査数5000件を超える豊富な検査実績を持っています。(※2018年6月末時点 八重洲セムクリニック及び奥野病院での総検査数より)
NIPTの結果が陽性となる可能性は100人に1人程度とかなり低い確率のため、総検査数1000件、2000件程度の検査実績の少ない検査機関では陽性という結果について触れた機会がほとんどない可能性があります。当院では、結果が陽性だった場合のカウンセリング及び羊水検査も含めてすべて当院でしっかりフォローしておりますので安心して検査を受けて頂くことが可能です。

高い専門性
出生前診断歴40年を超える産婦人科専門医かつ国際出生前診断学会
「(International Society for Prenatal Diagnosis: ISPD)会員の医師が検査を担当

検査を担当する院長は、国際出生前診断学会「(International Society for Prenatal Diagnosis: ISPD)の会員であり、産婦人科医師として40年以上の経験を持つ奥野幸彦が務めています。
また産婦人科医師として妊娠から出産まで数千件を超える実績を持ち、多くの妊婦様の悩みについて相談を受けその都度丁寧に解決してきました。
さらに院長は、研究者時代にマイクロ波の研究開発に従事しており、胎児の超音波検査機器の開発に携わっています。開発に関係した検査機器は現在の超音波検査機器の元となる機器となっており、超音波検査についてはパイオニア的な存在ともいえます。
超音波検査だけでなく、母体血清マーカーテスト、羊水検査等の出生前診断についても豊富な実績を持っていますので、NIPT以外についてもお気軽にご相談ください。

羊水検査が可能
陽性だった場合の羊水検査の実施も当院にて可能
(※人工中絶手術も当院にて可能です。)

NIPTについては、陽性だった場合のフォローが最も大切だと考えています。陽性だった場合は、遺伝カウンセリング及び再診察を無料で行い、さらに当院にて羊水検査を実施することが可能です。
(※羊水検査の費用については、当院のNIPTを受けた妊婦様については当院が費用を全額負担し提供させて頂いております。)
また、最終的な決断として中絶を検討される妊婦様もいらっしゃると考えています。人工中絶手術についても当院で実施することが可能ですのでその点についてもご相談ください。
当院では検査精度の確認の為にも、何よりも妊婦様の心のケアの為にも、羊水検査はNIPTを実施した医療機関が責任をもって行うべきだと考えております。
NIPTを実施した医療機関以外では、羊水検査や人工中絶手術の相談の際に、診察やカウンセリングを一から行わなければいけない場合も多く、時間的及び精神的な負担が妊婦様の大きな負担となります。
当院では、NIPT検査前の遺伝カウンセリングから、検査後の遺伝カウンセリング、その後の羊水検査まで全てについて産婦人科医が責任をもって担当しますのでご安心ください。

国際医療輸送の実施
血液検体の輸送は、国際医療輸送の専門企業が担当
検体紛失のリスクなし

NIPTは、医療機関で採血を行ったあと海外の検査機関に血液検体を輸送する必要があります。妊婦様の大切な血液検体の輸送は通常の方法では不十分だと当院は考えています。当院以外では、血液検体をFEDEXなどの一般的な国際宅急便を利用しているようですが、国際宅急便ではほかの荷物と一緒に送付され、また一般的な宅配便ですので、紛失のリスクが少なからず存在します。
当院はいち早く検査結果を知りたい妊婦様の大切な血液検体の輸送にはコストを度外視してでも確実な輸送体制を構築する必要があると考えています。
その為、当院の検体輸送は、厳密な温度管理が必要なワクチンや、研究用の細胞など医療関係の国際輸送においてトップクラスの実績を持つ専門企業に委任しております。
病院から血液を運ぶ際には、厳重な梱包を行い、適切な通関処理をした上で、専用貨物として海外へ発送いたします。また、輸入国側では、同企業の現地支社が責任をもって現地で通関を行い、検査機関まで血液をお届けしております。
その為これまで一度も検体の紛失が起きたことがなく、検査機関までの輸送が遅延したこともありませんのでご安心ください。

定期視察の実施
院長自らが、検査機関へ定期的に訪問し会議を実施し、
検査精度の確認と技術連携を強化

検査を担当する奥野院長が、直接検査機関へ訪問し、定期的に会議を行っています。現地では、検査機関の責任者と直接検査精度の確認を行い、情報交換の上よりよい検査を提供できるように技術連携を行っています。視察も定期的な会議も行なったこともない海外のラボに、患者様の大切な血液を送り、検査を依頼する事は医療従事者として無責任だと考えているからです。当院では、海外の検査機関についても必ず責任ある体制が確認を行い、信頼性の向上に努めております。

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。
お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください