NIPT(新型出生前診断)に適した時期はいつからいつまで?時期を気にせず受けられる"Serenity"とは? | 新型出生前診断(NIPT)

※本コラムは掲載日時点での情報です。検査名称、検査機関、検査国、価格等については医療機関の都合で変更となる恐れがあります。 最新の情報はHP等でお確かめください。

NIPT(新型出生前診断)に適した時期はいつからいつまで?時期を気にせず受けられる“Serenity”とは?

検査を希望する妊婦さんが増えているNIPT(新型出生前診断)ですが、受けるのに最適な時期はいつからいつまでかご存知でしょうか?NIPTを受ける最適な時期や条件と併せて、時期を気にせず受けられる“Serenity”をご紹介します。

 

NIPTを受けるのに最適な時期はいつからいつまで?

NIPT(新型出生前診断)とは母体から採血し、その成分を分析することで、胎児に21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの疑いがないか調べる検査です。

 

従来行われてきた母体血清マーカーテストなどの血液による出生前診断と比較して、感度や特異度からみる検査の精度がきわめて高いため「新型」と名付けられ、区別されています。

 

日本では2013年よりNIPTの提供が開始され、2016年までの3年間でのべ3万人の妊婦さんがNIPTを受けるなど、徐々に普及し始めている検査でもあります。

 

現在日本で採用されている一般的なNIPTには、検査を受けるためのさまざまな条件が設けられています。

 

いつからいつまで受けることができるのか、最適な時期と併せてその他の条件について見ていきましょう。

※いつからいつまで?

妊娠10~18週の期間内

※その他の条件は?

出産予定日時点で妊婦さんが35歳以上
夫婦のいずれかまたは両方になんらかの染色体異常が見られる
過去に染色体異常の胎児を妊娠または出産したことがある

 

このように、条件に当てはまらなければ検査を受けられないという病院が少なくありません。

 

また、病院側が独自に定めている次のようなルールもあります。

※病院側が独自に定めているルール

NIPTを受ける病院で分娩予定でなければならない
かかりつけ医からの直接の検査予約および紹介状が必要

 

「いつからいつまで」という時期に当てはまっていても、その他のさまざまな条件をクリアしなければ受けることができないのが現状です。

 

そのため「受けたくても受けられない」妊婦さんが増えているのです。そんな中、近年話題になっている“Serenity”というNIPTをご存知でしょうか?

 

話題のNIPT“Serenity”とは?受けるタイミングはいつからいつまで?

“Serenity”は、出生前診断先進国と言われているイギリスにおいて、ラボとして正式に認可され、採用されているクーパーゲノミクス社のNIPTです。

 

いつからいつまで受けられるのか、その他の条件はあるのかを見ていきましょう。

※いつからいつまで?

妊娠10週以上

※その他の条件

出産予定日時点で妊婦さんが35歳以上という年齢制限、かかりつけ医からの直接の検査予約および紹介状、検査を受ける病院での分娩予定などの条件がない

 

このように“Serenity”は、妊娠10週以上で不安を抱えている妊婦さんであれば、直接予約し検査を受けることができるのです。

 

現在日本で採用されている一般的なNIPTと比較してみると、“Serenity”は受けるためのハードルが非常に低いことが分かります。

 

「いつからいつまで」を気にしなくて済むNIPT、“Serenity”のその他の特徴

今回は「NIPTはいつからいつまで受けられるのか」「NIPTを受けるその他の条件は何か」を解説するとともに「いつから」「いつまで」を気にせず受けられる“Serenity”をご紹介してきました。

 

NIPTを受ける際「いつから受けられるのか」も重要ですが、「いつまで受けられるのか」も同じように重要です。

 

現在の日本で採用されている一般的なNIPTは、

 

採血までに2~3回の診察が必要なことが多い
予約状況が非常に混雑していて数週間から数ヶ月待ちも珍しくない

 

という現状があるため、採血までに妊娠18週を過ぎてしまえば、受けられなくなってしまう可能性が大きくなります。

 

その点、“Serenity”は妊娠10週以上であれば、年齢や時期を問わず受けることができますので、より多くの妊婦さんが検査を受ける機会を持つことができます。

 

“Serenity”の特徴はそれだけではありません。

 

「1回の来院で採血まで可能」「検査結果は平均10日で通知される」など、妊婦さんにかかる精神的負担や身体的負担も、一般的なNIPTと比べて大きく軽減されます。

 

また、一般的なNIPTとは検査対象が大きく違う点も特徴と言えます。“Serenity”には、基本検査の“Serenity Basic”と、全染色体検査の“Serenity24”がありますが、それぞれ検査対象は次のようになります。

“Serenity Basic”

21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーに加えてモノソミーX(ターナー症候群)などの性染色体異常についても検査することが可能なほか、希望者は性別判定も開示してもらえます。

“Serenity24”

1~22番の常染色体に加えて、モノソミーX(ターナー症候群)などの性染色体異常についても検査することが可能なほか、希望者は性別判定も開示してもらえます。

 

一般的なNIPTは21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの検査結果についてしか調べることができず、性別判定を希望しても開示してもらえませんが、“Serenity”では性別判定も含め検査対象が幅広くなっているのです。

 

「いつからいつまで」を気にせず受けられるうえ、その他の厳しい条件やルールもなく、なおかつ検査対象も幅広いNIPT、それが“Serenity”です。

 

なお、日本で“Serenity”を採用しているのは、東京の八重洲セムクリニックと、大阪の奥野病院のみです。

 

NIPTを検討中の妊婦さん、妊娠や出産に不安を抱えている妊婦さんはぜひ一度、病院に相談してみてはいかがでしょうか?

最新の情報はこちらをご確認ください
<

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。 お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください

今すぐ採血予約をする

採血医療機関
[東京]八重洲セムクリニック[大阪]奥野病院
NIPT予約センター
0120-011-073

※上記予約センターにて、東京及び大阪での採血のご予約が可能です。 お電話の際にご希望の採血医療機関をお伝えください