TAG

陽性だった時

【NIPT陽性が出たら?】NIPT結果の見方と陽性の解釈の仕方

NIPTは胎児の染色体の数の異常を検査する方法であり、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトー症候群)や他の常染色体、性染色体、さらに微小欠失症候群などを比較的高い精度で検出することが可能です。 結果は陰性・陽性・判定保留のいずれかで出ますが、気になるのが陽性や判定保留の結果が出た時に、結果をどう解釈すればいいのかということです。 今回はNIPTの […]

<全ての妊婦さんに知って欲しい>羊水検査の結果と妊娠中絶について

染色体異常の有無を確認する出生前診断を受ける理由は人によってさまざまです。 例えば「不妊治療の末に授かった子どもなので、出来るだけ事前に準備しておきたい」「高齢出産はダウン症の可能性が高いと聞いたので、なるべく早く検査しておきたい」「妊婦健診での超音波検査で首の後ろのむくみを指摘されたので、安心して出産を迎えたい」などです。 出生前診断の中でもよく知られているのは、羊水検査です。 羊水検査は、子ど […]

羊水検査「結果は陽性」|先輩妊婦さん達はどのように決断したのか

妊娠中、子どもが元気に育って欲しいと願う一方で、もし、子どもに何か病気があったらどうしようと心配になることもあると思います。 そういった不安からか、生まれる前に赤ちゃんの病気を確認する羊水検査が注目されています。 しかし、検査結果が陽性判定だった場合、その結果をどのように受け止め、その後どのような対応をすればいいのかわからない方も多いと思います。 この記事では、「羊水検査とはどのような検査なのか」 […]

NIPTの結果が陽性だったらどうする?NIPT受検の参考になるブログはある?

妊娠中に胎児に染色体異常があるかなど調べる出生前診断のひとつであるNIPTは、妊娠10週目から妊婦さんの採血のみで検査ができ、妊婦さんや胎児にリスクの少ない検査です。 検査では主に胎児にダウン症候群(21番染色体が3本存在する染色体異常)、エドワーズ症候群(18番染色体が3本存在する染色体異常)、パトー症候群(13番染色体が3本存在する染色体異常)の可能性があるかを調べ、最近では全ての染色体や性染 […]

NIPT(新型出生前診断)で偽陽性の検査結果が出る確率は?検査精度が高いNIPT“ベリファイ”もご紹介

NIPT(新型出生前診断)の検査結果は「陽性」「陰性」で通知されます。そのうち、「陽性」と判定された胎児の中には「偽陽性」のケースも含まれます。a NIPTでそもそも「偽陽性」とはどういうことなのか、「偽陽性」になる確率はどれくらいなのかを解説するとともに、より検査精度が高く「偽陽性」の確率が低くなるNIPTをご紹介します。 そもそもNIPTにおける偽陽性とはどういうこと? 「偽陽性」とは、障害が […]

NIPTの「陽性」と「陰性」それぞれの判定結果の受け止め方は?

NIPTでは検査結果が「陽性」「陰性」で判定されますが、こうした判定をどのように受け止めれば良いのでしょうか?「陽性」「陰性」それぞれの受け止め方を解説するとともに、NIPTにおけるもう一つの判定「性別判定」が可能な“Serenity”をご紹介します。 NIPTの検査結果が「陽性」判定だった場合 NIPTは出生前の胎児の21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソ […]

新型出生前診断で陽性結果が出た場合の精度や的中率について

ここ数年話題となっている新型出生前診断ですが、検査の精度や的中率はどれほどのものなのでしょうか?今回は、一般的な新型出生前診断で「陽性」の検査結果が出た場合の精度や的中率について解説します。 新型出生前診断を受けて陽性だった場合、その精度や的中率は? 新型出生前診断(NIPT)は母体からの採血のみで、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー、13トリソミーの可能性について調べることができる出 […]

NIPT結果が陽性の場合、中絶率はどれくらい?

出生前診断のひとつであるNIPTでは胎児に染色体異常があるかを確率で確かめることができます。 検査をして分かる主な染色体疾患は21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトー症候群)ですが、最近の新しいNIPTではこれらの染色体疾患に加えて全ての常染色体を調べたり、微小欠失症候群などこれまで調べることができなかった染色体疾患を確かめることができるようになり […]